レーザートーニング(シミ・肝斑治療)のご案内

レーザートーニング(シミ・肝斑治療)

脱毛のフェミークリニック » シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白 » レーザートーニング(シミ・肝斑治療)

画期的なレーザー機器「メドライトC6」で
肝斑やシミを徹底的に改善!

フェミークリニックで行っているシミ・肝斑治療のレーザートーニングは、美容大国アメリカ、韓国、台湾などでも人気のメドライトC6という広範囲に均一のパワーを照射することができる最先端のレーザーを使用して行っています。
今まで治りにくいとされてきたしつこいシミや肝斑にも効果が期待できます。

施術可能な医院: 渋谷院 新宿院 池袋院 銀座院 梅田院 心斎橋院

主な特徴

  • ・レーザーでは困難とされてきた肝斑にも効果的です。
  • ・肝斑はもちろん、シミやくすみ、そばかすなども改善します。
  • 毛穴の開きにも効果的です。
  • ・術後のダウンタイムや赤みがほとんとありません。

様々なシミの原因

肝斑は、一般的に30~40代の女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。 目元から頬上の部分に左右対称にぼんやりとしたシミができます。
肝斑の原因は、女性ホルモンが関与していると言われており、閉経とともに消えるという報告もあります。 その他、紫外線や摩擦といった外部からの物理的な刺激、毛細血管の拡張なども肝斑ができる原因と考えられています。
肝斑かどうかを見分けることは医師でないと難しいことも多く 治療法を誤ると症状が悪化することがあります。肝斑の可能性が疑われる際には医師にご相談ください。

レーザートーニングについて

フェミークリニックのレーザートーニングは、最新機種のメドライト(MedLite)というQスイッチYAGレーザーを使用しており、シミ・肝斑を改善する効果があります。

肝斑の治療法は、これまではトラネキサム酸・ビタミンCなどの内服や外用、イオン導入による治療が中心で、レーザーや光による治療は困難とされてきました。理由は、肝斑は通常のシミと異なり、メラニンを作るメラノサイトが少しの刺激で活性化しやすい状態になっているため、シミ専用レーザーや光治療を行うとむしろ悪化する可能性があるとされているからです。

当院が使用するレーザートーニング「メドライト(MedLite)」の場合、広範囲にマイルドなパワーでレーザーを均一に照射することができるため、メラノサイトを活性化させるほどの刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを少しづつ減らしていくことが可能です。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。

尚、治療リスクについて様々な情報がございますが、医師による正しい診断と個別に合わせたレベル設定・照射方法により、安心してお受けいただける効果的な治療法です。
ご心配な点などございましたらご遠慮なくご相談ください。

メドライトによるレーザートーニングの特徴

  • 正常な皮膚組織をほとんど痛めません
  • ・治療の際に出血したり傷跡が残ったりする心配がありません
  • ・レーザー光線はX線と異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光なので安全です。
  • ・レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度の痛みです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

▲メドライトによるレーザートーニングによる照射の様子

施術の効果・特徴

1レーザーによる肝斑治療が可能

レーザートーニングは、今までは不可能だった肝斑にレーザーで施術が行えるため、
今まで半年程度かかっていた治療法よりも短期間で効果が実感できます。

2顔全体のくすみ、毛穴の開きも改善

シミや肝斑だけでなく、顔のくすみなどの色ムラも改善が期待できます。
開いた毛穴にも効果的で、ピンとハリのあるキメの整った肌になります。

3ダウンタイム・副作用がない

施術後に腫れや赤みが出る事はほとんどなく、お化粧をして帰宅することが可能です。

院長からのワンポイントアドバイス

レーザートーニングは、シミや肝斑を改善するだけではなく、
お顔全体の透明感やハリ感アップにもつながるため、
幅広い年齢層に人気の治療です。
継続して治療を行うことで次第に効果を発揮しますので、
周囲に気づかれることなく肌美人になることができますよ。

症例写真

30代女性 レーザートーニング7回照射

40代女性 レーザートーニング照射

肝斑とあわせて顔全体の透明感が増しました。




おすすめの併用施術

・トラネキサム酸
・ビタミンC
・イオン導入
ケミカルピーリング
・美白化粧品

レーザートーニングとの併用治療としては、
美白をよりサポートする治療がお勧めです。

肝斑治療の場合、トラネキサム酸・ビタミンCなどの内服や外用、
イオン導入やケミカルピーリング、その他美白化粧品を使用いただくことで、
よりよい肌の状態を保ち続けることができます。

お問い合わせ

 
渋谷院
0120-3888-76
池袋院
0120-3888-25
新宿院
0120-3888-65
銀座院
0120-3888-29
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18
診察時間
[ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00