PRP治療(再生治療)

PRP治療(再生治療)とは?

PRP治療とは、高濃度の血小板を含んだ “多血小板血漿(PRP)” を注入することで、ダメージを受けた肌を活性化し若返らせる、全く新しい治療法です。「Autologous Cell Rejuvenation」を略した"ACR"、または「自己多血小板血漿注入療法」「自己多血小板療法」とも呼ばれます。

元々はインプラントの手術をした際に歯ぐきの再生を促すといった、歯科医療などの分野で注目を集め、応用が進んでいます。

施術可能な医院: 渋谷 新宿 池袋 銀座 梅田 心斎橋

成長因子で細胞を活性化させ、しわやたるみ、ニキビ跡を治療

血小板の持つ成長因子で、細胞を活性化させる

血液の中の血小板には、「成長因子」と呼ばれる、細胞を元気にして若返らせる成分が含まれています。その成分を機能が低下した部位に直接注入することで、お肌が活性化されます。

治療にはご本人の血液を利用するため、副作用の心配はありません。
ニキビ跡の凹み改善の他、しわ・たるみ治療、毛穴の縮小、シミ治療、皮膚の若返り等、様々なお悩み解消に効果的です。

PRP治療(再生治療)の効果・メリット

  • 肌全体の若返り効果があり、浅いシワやたるみを改善して、肌の弾力・みずみずしさを蘇らせます。
  • 肌の活性化により、ニキビ跡の凹みにも効果的です。
  • 患者さまご自身の血液を利用するため、安全性が高く、副作用がほとんどありません。
  • 血液の採取から施術まで、1日で治療が完了します。

PRP治療(再生治療)のメカニズム

PRP治療(再生治療)の作用の流れ

血小板にはPDFG・FGF・EBF・VEGFなどの、血管の新生やコラーゲンの生成を促し、創傷を治癒させる機能を持つ成長因子が多数含まれています。
※ 血管の新生・・・新しい血管が作られること。人体に備わっている生理的機能です。

皮膚を切って血が出るような怪我をすると、その傷口に最初に集まるのが血小板です。
血小板の中の成長因子が細胞の表面に直接くっつき、刺激を与えます。すると弱った細胞が活性化され、体内の壊れた血管や細胞を修復します。
この血小板は、人間が持つ「傷を自分で治す」というシステムの、最初の段階を指示する役割を担っているのです。

PRP治療(再生治療)は、自分の血小板の中に含まれる成長因子を、ニキビ跡・しわ・たるみなどが気になる部分に直接注入する治療です。
人体にもともと備わっている働きを利用して、皮下のコラーゲンや毛細血管を増やすことにより、肌の若返り効果が見込めます。

肌そのものの再生によって効果を発揮するという仕組み上、施術後2週間ごろ~3か月にわたって、徐々に効果を実感いただけます。
個人差はありますが、その後1年ほど効果が持続します。

PRP治療(再生治療)のリスクと解消法

PRP治療(再生治療)のリスクと解消法

注入後すぐから、注入した部位の赤みや腫れ・むくみ、内出血などが起こる可能性がありますが、術後数日で回復します。

また注入部位を触った時に、ごわごわした感覚・硬さを感じることがありますが、こちらも術後2~3日でなくなることがほとんどです。

PRP治療では、注射の針を刺した箇所以外は、施術直後からメイクが可能です。翌日には針を刺した部分も含めてメイク可能ですので、上記のような副作用が起こった場合も、コンシーラーやファンデーションを使って目立たなくカバーしていただけます。

使用キットの安全性について

当院で使用するキット【マイセルPRPキット】は、人の体に戻すことを前提として、アメリカのFDA及びヨーロッパCEマーク(どちらも日本の厚生労働省の認定にあたる)を取得した非常に安全性の高いものです。また、患者さまご自身の血液を利用する治療法ですので、特に副作用もなくアレルギー反応もほとんどありません。

注射針について

マイセルPRPキット当院では、患者さまの肌の状態等を見極めパスキン針を用いる場合があります。
通常、注射器の先端は1本の針であるのに対し、パスキンは3本の極細針が備わり、均一に細かく肌に血小板を浸透させることで肌再生を促し、効果を高めます。
また、マイクロ針であるため針をさす痛みがほぼ無痛になり内出血が出にくいのも特徴です。

再生医療等の安全性の確保等に関する法律について

老化に伴う皮膚の変化(しわ・たるみ・ニキビ跡)に対する治療を目的とした自己多血小板血漿(PRP療法)を行うにあたり、厚生労働省から義務付けられた「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に従い、再生医療等提供計画を提出し、下記の通り受理されました。

受理年月日 2015年11月24日
計画番号 渋谷院 PC3150507(管轄 関東信越厚生局)
新宿院 PC3150508(管轄 関東信越厚生局)
池袋院 PC3150510(管轄 関東信越厚生局)
銀座院 PC3150509(管轄 関東信越厚生局)
梅田院 PC5150191(管轄 近畿厚生局)
心斎橋院 PC5150192(管轄 近畿厚生局)

美容皮膚科フェミークリニックでは、今後も安全なPRP治療(再生治療)の提供に努めてまいります。

PRP治療(再生治療)の料金

※初診料・カウンセリング料・再診料は無料です。
※表示価格はすべて税抜きです。
※表示価格には表面麻酔の費用も含みます。

1回 3回
小範囲のニキビ跡の凹み 4cc ¥140,000 ¥390,000
顔全体のニキビ跡の凹み 8cc ¥220,000 ¥600,000

ニキビ跡治療の料金一覧はこちら

PRP治療(再生治療)の症例写真

匿名さん 20代

正面

PRP治療(再生治療)によるニキビ跡治療の症例写真
PRP治療(再生治療)によるニキビ跡治療の症例写真

顔右

PRP治療(再生治療)によるニキビ跡治療の症例写真
PRP治療(再生治療)によるニキビ跡治療の症例写真
施術名 PRP治療(再生治療) 8cc 1回
施術の説明 ご自身の血液から血小板を抽出し、しわやたるみ、ニキビ跡など、気になる部位へ注入し、肌機能を再生させる治療法です。
血中内の血小板には成長因子が多数含まれており、コラーゲン生成や肌細胞活性化を促す働きがあります。
施術の副作用
(リスク)
発赤、腫脹、内出血、痒み、熱感、軽いこわばりが数日~1週間ほど続くことがあります。
また、稀に遅延型アレルギーが生じることがあります。
施術の価格 220,000円

ニキビ・ニキビ跡治療の症例一覧はこちら

PRP治療(再生治療)のよくあるご質問

痛みはありますか?

成長因子の注入には注射器を使いますが、注入する前に表面麻酔を施しますので、強い痛みはありません。ご安心ください。

治療後に気をつけることはありますか?

施術当日は、激しい運動、飲酒、喫煙は控えてください。入浴は、シャワーのみであれば可能です。

メイクは、注射した箇所以外であれば当日から問題ありません。翌日からは、制限なくメイクOKです。

効果はどのくらい持続しますか?

PRP治療(再生治療)の効果は治療後すぐに現れるものではありません。

基本的には、2週間~3か月後にかけて徐々に効果を実感していただけます。
その後は個人差がありますが、1年ほど効果が持続します。

ニキビ跡治療メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休