コラム ワキ脱毛について。脱毛・美容医療のフェミークリニック

コラム

抜く? 剃る? わき毛処理方法のメリット・デメリット

ノースリーブやキャミソール1枚で過ごす機会も増える夏、特にしっかりと処理しておかなければいけないのが「わき毛」です。
女性が腕を上げてわきの下が見えた時、わき毛があったら幻滅ですよね……。
きちんと処理しなければと思っていても、わき毛処理の方法っていろいろあって、どれがいいのが迷ってしまうことも多いものです。

そこで今回は、わき毛処理方法の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
 

シェーバー、カミソリ

わき毛の自己処理の方法で、最も手軽なのが「剃る」方法です。T字カミソリや女性用の電動シェーバーなどで小まめに剃っているという方は多いのではないでしょうか。
剃る処理方法は、手軽に自己処理できることと低コストなのが魅力です。
ただし、あくまでもわき毛の肌の表面に出ている部分をカットしているだけなので、伸びてくるとまたすぐに処理が必要になります。頻繁に処理を行うことや、切れ味の悪いカミソリを使うことによって、肌にダメージを与えてしまう場合も。

除毛クリーム

わき毛を溶かす成分を含むクリームを塗って処理する方法です。わきの下に除毛クリームを塗って一定時間置いた後に拭き取ったり洗い流したりするだけなので、手軽に処理することができます。
剃る場合と同様に、肌表面に出ている部分を溶かしているだけなので、すぐに伸びてきて再び処理が必要になります。
物理的な力が加わらないため肌への負担は少ないですが、薬剤を使用するため敏感肌の人などは肌に刺激を感じてしまう場合もあります。

家庭用脱毛器、毛抜き

家庭用脱毛器にもいろいろなタイプがありますが、一般的に普及しているのは電動でムダ毛を抜くタイプのものです。
こうした家庭用脱毛器や毛抜きを使ってわき毛を「抜く」という処理方法は、剃る方法や除毛クリームと比べ、わき毛を根元から抜き取るため、一度処理すると次に生えてくるまでしばらく時間がかかります。頻繁に処理しなくても済むのが良い点だと言えるでしょう。
ただし、抜く時に痛みがあることも多く、肌への負担も大きいです。ポツポツと毛穴が目立ったり、抜く時に毛が切れて埋没毛になってしまう場合も。

レーザー脱毛

黒いものに反応するレーザー光を当てて毛根を破壊することで、わき毛が生えてこないようにする方法です。脱毛に使われるレーザーは医療機器なので、クリニックでしか受けることができません。
完全に脱毛するにはある程度の期間が必要になりますが、一度処理が完了すると半永久的にわき毛が生えてこなくなるのが魅力です。
自己処理などに比べるとそれなりにお金がかかってしまうことや、処理の際に軽い痛みを感じる場合がかかってしまうことなどがデメリットであると言えます。
とは言え、医師の管理の元に施術が行われるため、万一肌トラブルがあった場合でもすぐにケアしてもらうことができるので安心ですよ。

お問い合わせ

 
渋谷院
0120-3888-76
池袋院
0120-3888-25
新宿院
0120-3888-65
銀座院
0120-3888-29
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18
診察時間
[ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00