今話題の介護脱毛って何?将来のために脱毛すべき理由


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談

コラム

今話題の
介護脱毛って何?
将来のために
脱毛すべき理由

近年、インターネットを中心に話題になっている「介護脱毛」。
一見、介護と脱毛、この2つの言葉に共通点はないように見えますが、実は今の日本社会を象徴するような問題が隠されているのです。

私たちの生活にどう介護脱毛が関わってくるのか、また介護脱毛が広まり始めた背景などに迫ります。

将来のためのエチケット
「介護脱毛」とは?

「介護脱毛」とは、介護される側がデリケートゾーンや脇を事前に脱毛しておくこと。

デリケートゾーンや脇といった、他人に見られて恥ずかしい箇所のムダ毛。介護される側になると、ムダ毛は自分の手に負えなくなります。自分が介護されることをあらかじめ想定して、事前に脱毛しておく人が増えています。
介護脱毛を始めるのは、40代~50代の女性が中心。皆さん、両親や家族の介護を経て、ムダ毛の脱毛を意識するようになったようです。女性にとって、ムダ毛を見られるのは何歳になっても恥ずかしいもの。介護脱毛とは、女性ならではの悩みかもしれません。

日本はすでに4人に1人が高齢者という、超高齢化社会に突入しています。2035年には3人に1人が高齢者になると言われており、介護問題は現代の日本社会の大きな課題となっています。
自分がいつ介護される側になるとも限りません。そういった背景が、介護脱毛を生み出したようです。

脱毛と介護の関係

介護脱毛は、恥ずかしさの削減だけが目的ではありません。それは、介護される際の手間を省くことにも繋がるからです。

脱毛するべき部位はどこ?

介護脱毛する主な場所は、やはり排泄介護の際に気になるデリケートゾーンが多くなります。

Vライン ショーツの上、両サイド
Iライン 太ももの付け根に沿った部位
Oライン お尻の穴の周り

昔は、デリケートゾーンの脱毛は現代ほど盛んではありませんでした。今40代~50代の方で、アンダーヘアを整えること、脱毛することに不安を感じる方も多いようです。しかし介護脱毛の観点から言えば、アンダーヘアを整えることは、決して見た目だけでの問題ではないのです。

VIOラインを介護脱毛するメリット

VIOゾーンを脱毛する理由はするのは何と言っても、衛生面です。デリケートゾーンにムダ毛があると、オムツ内がムレやすくなります。また、排泄物が付着して炎症につながる可能性も高くなります。ムダ毛がないと洗浄しやすくなるため、介護する側の負担を減らす狙いがあります。

またVIOゾーンを整えると、見た目が良くなるというメリットもあります。下着や水着から毛がはみ出さなくなりますし、日常的にご自身で整えている方にとっては手間が省けるようになります。生理時には陰部が清潔に保てるようになります。

介護脱毛の注意点

介護脱毛は、介護が身近になるそれよりもずっと前から始めることが大切です。何故ならば、医療脱毛で使用するレーザー機器は、毛のメラニン色素(黒色)に反応して毛根組織を破壊するからです。もし脱毛したい箇所が白髪交じりになってしまうと、脱毛でなくなる可能性があります。介護脱毛を希望される場合は、なるべく早めに始めましょう。

介護脱毛を
医療脱毛で行うべき理由

デリケートゾーンは安心度の高いクリニックへ

名前の通り、陰部周辺はデリケートゾーンと言われるだけあり敏感です。黒ズミやムレ、かゆみなどの問題が起きやすく、皮膚自体も薄いとされています。また他人に見せるには、躊躇する場所でもあります。

デリケートゾーンの脱毛こそ、安心と安全が保障された医療機関で行いましょう。

医療脱毛を行えるのは、医者が常駐している医療機関のみ。最新機器と高い技術力、専門知識を持つスタッフが揃っています。医者常駐だからこそ、センシティブな内容も気軽に相談できるはずです。

形や毛量をお好みで

介護脱毛だからと言って、デリケートゾーンの毛をすべてなくす“ハイジニーナ脱毛”をする必要はありません。ハイジニーナに抵抗がある方は、IラインやVラインなどお好みの形に整えるだけでもいいでしょう。毛量も調整できるので、少なくするだけでも効果があります。

医療脱毛とは永久脱毛のことです。一度、脱毛してしまうと元に戻すことはできません。
形や毛量など、慎重に選択するようにしましょう。もちろん、医師やスタッフに相談して決めても良いでしょう。

介護脱毛なら
当院にご相談ください

これまで、脱毛と言えば「若者がやるもの」というイメージが一般的でした。近年では、当院にも中高年の女性が、介護脱毛を相談されることが増えています。実際にムダ毛を脱毛をされたことで、日常生活が楽になったという感想を頂戴することもあります。

介護脱毛をすることで、介護される側と介護する側、どちらもが快適に過ごすことができるようになると考えています。デリケートゾーンや脇など女性にとっては、人に見せたくない部分でもあります。介護が必要になるその前に、ぜひ始めてみませんか。

デリケートな部分だからこそ、安心と安全の医療脱毛です。まずはフェミークリニックにご相談ください。

永久脱毛 メニュー

こちらもよく読まれています

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談