コラム 潰しても大丈夫な「白ニキビ」とは?脱毛・美容医療のフェミークリニック

コラム

潰しても大丈夫な「白ニキビ」とは?

「ニキビを治したい」と思って、ニキビ潰してしまうと跡が残ってしまいます。
そのため、ポツッとニキビができてしまっても、治るのをじっと待つしかありません。
でも、実は潰しても良いニキビもあることをご存知でしょうか?
むしろ潰したほうが悪化してしまうのを防ぐこともできるのだとか。
一体、どんなニキビなら潰しても良いのでしょうか?
ニキビを治したい方、必見です!

色々あるニキビの種類

ニキビは、段階によって種類が違います。 ニキビの初期段階の白ニキビ、白ニキビが酸化して黒くなってしまった黒ニキビ、炎症を起こしてしまった赤ニキビ、赤ニキビがさらに悪化してしまった黄ニキビの4つに分類されることが多いです。

潰してもいいニキビは白ニキビと黒ニキビ

4種類のニキビのうち、潰しても良いニキビは白ニキビと黒ニキビです。
白ニキビは毛穴に皮脂がつまってできるニキビです。白ニキビが白くポツッとなっているのは皮脂がたまっている証拠。これをコメドといいます。
ニキビが炎症を起こす前の初期段階の状態なので、潰してもニキビ跡が残ってしまう心配はありません。むしろ、たまった皮脂をそのままにしておくと、それを餌にアクネ菌が増殖してしまうので、ニキビを治すためには早めにコメドを取り除いたほうが良いのです。
一方、黒ニキビも白ニキビが酸化して黒くなっただけなので、ニキビとしては初期段階。白ニキビと同じく、潰してしまっても問題ありません。

白ニキビと黒ニキビの潰し方

白ニキビと黒ニキビは潰して良いとはいっても、無理矢理潰してしまうと毛穴が開きっぱなしになって、またそこに汚れが溜まってしまいます。また、汚れている手で潰すのもよくありません。
潰すのは、入浴後や洗顔後など、毛穴が開いているときがベストタイミング。
そして、ドラッグストアなどで売っているコメドプッシャーを使って優しく押し出すようにします。コメドが出てきたら、ピンセットなどで取り除きましょう。
コメドを出し切らないとまた同じところにニキビができてしまいますので、ニキビをキレイに治したい場合は丁寧に取り除くことが肝心です。

ニキビを潰したあとは、洗い流して汚れをとってから化粧水で毛穴を引き締めます。
そのままにしておくと毛穴が開きっぱなしになってしまいますので、ニキビを潰したあとにケアをするのを忘れずに。
赤ニキビや黄ニキビまで悪化してしまったら、潰すとニキビ跡が残ってしまうおそれがありますので絶対にやめてください。
どうしても早くニキビを治したいのであればニキビの種類に関わらず、皮膚科の医師に相談してみましょう。

お問い合わせ

 
渋谷院
0120-3888-76
池袋院
0120-3888-25
新宿院
0120-3888-65
銀座院
0120-3888-29
梅田院
0120-3888-67
心斎橋院
0120-3888-18
診察時間
[ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00
電話受付時間
[ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00