コラム デリケートゾーンの正しいケア方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談

トラブルを防ぐ!
デリケートゾーンの正しいケア方法

デリケートゾーンには、かゆみやにおいなどのトラブルが起こってしまうことが少なくありません。 「他人に相談しづらい悩みだし、どんなケアを行えばトラブル対策になるのかわからない」という方も多いと思います。
そこで今回は、知っておきたい正しいデリケートゾーンのケア方法をお伝えします。


デリケートゾーンのトラブルの原因は?

デリケートゾーンは複雑な構造をしているため、汗やおりもの、垢などの汚れが溜まりやすいと言えます。また、下着やストッキングなどで覆われる時間が長く、高温多湿になりやすい部分でもあります。
皮膚の雑菌にとって、高温多湿でエサとなる汚れも豊富なデリケートゾーンはとても好ましい環境。つまり、デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすいのです。
こうして増えた雑菌による分泌物が、においやかゆみの原因となってしまうのです。
また、デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、バリア機能も弱いです。ちょっとした刺激でもメラニンが作られやすく、黒ずみなどが起こる原因となります。


デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンのトラブルを防ぐには、清潔に保つことが大切です。
そこで重要になるのが、洗い方です。デリケートゾーンは皮膚が薄く刺激に弱いため、できるだけ優しく洗うことが大切です。
ボディ用の石けんや洗浄剤では洗浄力が強すぎる場合があるので、刺激の少ないデリケートゾーン専用のものを使うのが理想的です。しっかりと泡立てて、傷つけないように気をつけながら指のはらを使って丁寧に洗いましょう。
最後にシャワーでしっかりとすすぎます。あまり熱いお湯だと刺激になってしまうので、ぬるま湯ですすぎましょう。洗浄剤のすすぎ残しがないように気をつけてくださいね。


アンダーヘアのケアも大切!

アンダーヘアの処理と言うと、見た目を気にして行うものだというイメージが強いかもしれません。だけど、アンダーヘアを適切にケアすることは、デリケートゾーンを清潔に保つことにも役立つのです。
尿や生理中の経血などの汚れがつきにくく、蒸れが起こりにくくなるため、雑菌の繁殖が抑えられ、においやかゆみなどのトラブルの予防・改善にもなるんですよ。
欧米ではアンダーヘアはわき毛と同様、きれいに処理するのが常識になっています。アンダーヘアをすべて処理している女性は「ハイジニーナ」と呼ばれるのですが、これは、英語で「衛生」を意味する「ハイジーン(hygiene)」が語源となっています。アンダーヘアを処理することが清潔さにつながるという考えが当たり前となっていることが覗えますね。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談