コラム 美しい背中を作り出す3つの方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

美しい背中を作り出す
3つの方法

背中というのは目の届きにくい場所なので、ついついケアを怠ってしまいがちです。
しかし、「背中には女性の年齢や生活感が出る」といっても過言ではありません。
そこで今回は、キレイな背中をつくる方法をご紹介していきます。


きちんとケアして背中美人になろう!

背中のラインがシャープでお肌がキレイな人は、それだけで美しいもの。
逆に背中に産毛が生えていて、ブツブツと背中ニキビがあり、贅肉も多いという人はなんだか老けて見られてしまいます。
特に、薄着をする時や水着を着る時、背中の開いたドレスを着るときなどに老けた印象を与えないため、きちんとケアをしたいものです。


背中美人になれるエクササイズ

毎日少しずつエクササイズを加えて、背中の贅肉を撃退しましょう。
エクササイズ用のゴムバンドか、伸縮性のあるタオルを使ってエクササイズをしてみてください。
まずはタオルの両端を両手で持ち、ひじを頭上へと上げて、思いっきり引っ張ります。
息を吐きながら力いっぱい引っ張り、息を吸いながら力を抜くという動きを10回繰り返しましょう。
このエクササイズを続ければ、肩甲骨の周辺が引き締まり背中美人になれますよ。
また、普段から姿勢を正し背筋を伸ばして過ごすことも、背中の肉を引き締めるためには効果的です。
猫背気味の人や姿勢が悪いという人は、正しい姿勢を意識することから始めてみましょう。


背中ニキビの防止する方法

背中ニキビや吹き出物に悩むという女性は意外と多いもの。
背すじは汗や皮脂が溜まりやすく、不衛生になってしまいがちなパーツなのです。
また、お風呂で手が届きにくいことや、シャンプーやトリートメントによる刺激も、背中トラブルの原因です。
入浴時には、シャンプーやトリートメントが背中に残ってしまわないよう、先に髪を洗って束ねてから、体を洗うようにすると良いでしょう。
背中を洗うときは、タオルやシルク素材の柔らかいものを使えば刺激が少なく、背中トラブルを防ぐことができます。


背中のムダ毛を処理する方法

背中の産毛は自分では見えないですが、ふとした瞬間に他人の目についてしまうポイントです。
背中は脱毛がしにくく、自己処理をするのは至難の業。
カミソリなどを使って無理な体勢で産毛を剃ると、傷ができてしまう場合があります。
傷を防ぐには、脱毛クリームを使うのがいいでしょう。
脱毛クリームを塗ってしばらく置いてから洗い流せば、背中の産毛を解消することができるので、とても簡単に処理することができますよ。

このように美しい背中を得る方法はありますが、確実にスベスベの美しい背中を手に入れたいなら、プロの手を借りてケアするのがオススメです。
専門のクリニックで背中の産毛をきちんと処理して、ワンランク上の背中美人になりたいものですね。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談