コラム 肌荒れの原因?逆剃りがもたらす悪影響とは。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

肌荒れの原因?
逆剃りがもたらす悪影響とは

カミソリ使って行うムダ毛処理は手軽にできます。
普通は毛の流れに沿って剃りますが、毛の流れに沿って剃らない逆剃りをついしてしまう方も多いでしょう。カミソリ使って行うムダ毛処理は手軽にできます。 確かにムダ毛を逆剃りすると上手に剃れますが、肌荒れなどを引き起こしてしまいます。さらに、逆剃りによる深剃りは、毛や肌に大きな負担を与えてしまうのです。カミソリ使って行うムダ毛処理は手軽にできます。 どのような負担を与えてしまうのか詳しくお伝えします。


肌のカサカサ

逆剃りは、ムダ毛と一緒に皮膚の角質も剃ってしまい傷つけてしまいます。除去しなければならない古い角質だけでなく、必要な角質まで剃ってしまうので、潤いがなくなり肌がカサカサして乾燥してしまいます。
乾燥した肌の炎症をケアしないままでいると、黒ずみになったり色素沈着してしまうこともあります。そうならないためには、ローションやクリームを塗って保湿ケアをしっかりと行いましょう。


肌の赤みとかゆみ

キレイに剃れないと同じ部分を何度も剃ってしまいますよね。 特に、毛が太くて濃い人は毛を逆剃りしてしまいがちなため、皮膚に大きな負担をかけてしまいます。
このような逆剃りは、肌荒れによる赤みやかゆみの原因になります。カミソリの摩擦によって肌が炎症を起こし、剃った部分が真っ赤になって腫れてしまったり、赤みが残ってしまうこともあります。
毎回赤みがひどい場合は皮膚自体の炎症が起きていることが多く、ケアをしても炎症が治まらないこともあるため、皮膚科などの専門医による薬の処方が必要になるでしょう。


毛穴の詰まり

逆剃りは皮膚のダメージが大きいため、小さな傷が無数につく、毛の断面を大きく見せてしまう、毛穴を傷つける、といったリスクがあります。
傷ついた毛穴から時に出血してしまうこともあるでしょう。また、毛穴の中に毛が詰まってしまう埋没毛を増やしたり、ボツボツした黒い毛穴になることもあります。


体質や肌質によって肌への悪影響がさらに大きくなる場合も

逆剃りをした時の肌荒れは、使い方に加えて体質や肌質によってもヒドくなることがあります。
毛の量が多い人や毛の濃い人、また肌が弱くて刺激に敏感に反応してしまう敏感肌の人や、少しの炎症でも肌に目立ってしまう色白の人は、肌荒れを起こしやすい傾向にあります。
このような体質や肌質の人が逆剃りしてしまうと、キレイに剃れても肌の負担を大きくし、肌荒れを余計にひどくしてしまうでしょう。

また、体調がすぐれない時や風邪気味の時、睡眠不足や食欲不振、また生理中の時などは、肌が弱っており過敏に反応しますので、特に肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。
過敏になっている肌が傷つくと、細菌が入り込んで炎症を起こすこともありますので、できるだけムダ毛処理をしないようにしてください。

肌に大きな負担となる逆剃り。せっかくムダ毛がキレイになっても肌がボロボロでは、見た目が良くありません。
逆剃りをせず、ムダ毛がなく滑らかな肌を手にいれましょう!

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談