コラム 【Oライン・Iライン・Vライン】デリケートゾーンのムダ毛を上手に処理するポイント 脱毛・美容医療のフェミークリニック

脱毛コラム

【Oライン・Iライン・Vライン】
デリケートゾーンのムダ毛を
上手に処理するポイント

OラインやIラインといったデリケートな部分にあるアンダーヘアの形をととのえたり、ムダ毛処理を考えている場合、間違った方法でムダ毛処理をすれば皮膚のトラブルが起こる恐れがあります。そのため、細心の注意を払って処理しなければなりません。
今回はOラインやIラインといったデリケートな部分のアンダーヘアを上手に処理するポイントをご紹介します 。


デリケートゾーンのムダ毛の種類

毛深いことに悩んでいる女性の中には、IラインやVラインといったデリケートゾーンのムダ毛を気にしている人は多いのではないでしょうか?
Iラインは股の間、Vラインはビキニライン、Oラインは肛門の周囲の部位をさしています。普段は衣類や下着で隠されている部分だけに、放置したままだといざというときに恥ずかしい思いをしかねません。
アンダーヘアは、性器や排泄器官を守るために生えていると考えられます。そのため、処理方法には充分な注意を払う必要があります。一体、どのような注意をすればいいのでしょうか。


デリケートゾーンのムダ毛を処理する前に

・器具は清潔な状態をキープ
まずはハサミやカミソリといった器具を清潔に整えることが重要です。その次は、ムダ毛を処理したい部分を清潔に整えましょう。これは他の部位のムダ毛処理を行う際にもいえることですが、器具や皮膚に雑菌がついたままだと、擦り傷を作ってしまった時に炎症を起こしたり化膿してしまったりといった事態を招いてしまいます。

・長いムダ毛はあらかじめカット
ムダ毛が濃い場合や、長い毛は事前にハサミでカットしておくとスムーズに処理することができます。眉毛を整える際に使用するような小さいハサミを使うと便利です。

・デリケートゾーンは刃選びも重要
カミソリは刃を装着する部分が細くなっているデリケートゾーン用のカミソリを利用しましょう。カミソリによってデリケートな部分の皮膚に傷を作ることを避けるためには、除毛クリームを使用する方が安全ですが、除毛クリームの中にはデリケートゾーンに使用に適していないものもあります。敏感肌用の除毛クリームを使用したとしても、体質によってはかぶれてしまうことも。そのため、自分の肌に合ったものを見極めて使用することが大切です。


自己流でムダ毛処理をするリスクとは

IラインやOラインといったデリケートゾーンのムダ毛が生えている箇所は、とても入り組んだつくりをしています。そのため、自己処理で完璧に除去することは極めて難しいと考えられます。傷を作ってしまったり、処理した後に肌トラブルが起きる可能性を頭に入れておきましょう。 濃いムダ毛をまばらにしたいという場合や、若干薄くなればいいと思って処理するならまだしも、完璧にツルツルにしたいと考えるなら、自己処理をするよりもクリニックやサロンを利用した方が無難かもしれません。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休