コラム デリケートゾーンの肌トラブルを避けるための処理方法 脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

デリケートゾーンの
肌トラブルを避けるための処理方法

デリケートゾーンは女性のアンダーヘアが生える部位のことをさしています。ビキニラインにニキビや角栓ができたり、色素沈着が起きたりしたことはありませんか? もしかしたら、デリケートゾーンのムダ毛処理方法に問題があるかもしれません。ニキビや角栓などのデリケートゾーンの肌トラブルを避けるための方法をご紹介します。


デリケートゾーンに肌トラブルが起こりやすい理由

デリケートゾーンは普段は下着や衣類で覆われている部分です。入浴時以外は布で覆われているために、蒸れやすく汗をかきやすいことが特徴です。
下着の締め付けや摩擦によって、ビキニラインの皮膚に跡がついてしまったり、強い刺激を受けてしまう場合もあります。そんなデリケートゾーンに生えるアンダーヘアの処理をしているという人は、珍しくありません。
すべてを除去しなかったとしても、長すぎる毛を整えたりビキニラインのムダ毛処理をしているという人は多いことでしょう。ムダ毛の濃さを気にするあまり、頻繁に処理をしているという人は肌に負担がかかって肌トラブルを引き起こす可能性が高いといえます。


肌トラブルの種類と対処法

デリケートゾーンに起こりやすい肌トラブルの種類にはどんなものがあるのでしょうか?毎日のように入浴をし、不潔にしておいたわけでもないのに、気づかないうちにニキビができていたり、毛穴がボツボツと黒ずんでしまったという経験を持つ人は少なくありません。
ニキビは、毛穴に詰まった皮脂汚れとほこりなどの汚れが混ざり合い雑菌が繁殖することによって引き起こされます。そのため、皮脂を分泌する部位ならばどこでもできる可能性があります。その他にも、根本から除毛しきれなかった毛が毛穴に埋没してしまう埋没毛によって、毛穴が炎症することでもニキビのような肌トラブルが引き起こされる場合があります。
デリケートゾーンにできてしまったニキビは、決して指で触ったりせずに清潔な状態をこころがけて治癒を待ち、かぶれや炎症はデリケートゾーン専用の軟膏を使用して治します。毛穴の黒ずみや角栓の詰まりなどは、ピーリング効果が期待できるAHA(フルーツ酸)が配合された石鹸を使用して除去すると効果的ですが、ニキビや炎症を起こしている場合には、患部への使用は避けましょう。


肌トラブルを起こさないムダ毛処理方法

デリケートゾーンのムダ毛はカミソリの刃が届きづらいこともあり、剃り残しを気にして何度も刃をあててしまうことがありますが、そうすることにより肌を傷つけてしまう恐れがあります。傷口ができてしまうと、雑菌が繁殖することによってさらなる肌トラブルが起きてしまうことも。ムダ毛処理の前に器具や手指を清潔にととのえ、できるだけ皮膚にカミソリの刃をあてる回数を減らすことが大切です。自分では処理が難しい部分のムダ毛はプロに処理を任せることも視野に入れておきましょう。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談