コラム 美肌を目指すなら脱毛前にやっておきたい埋没毛対策 脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

美肌を目指すなら脱毛前に
やっておきたい埋没毛対策

ムダ毛を処理している時、「埋没毛」を見つけて落ち込んでしまう女性も多いもの。
肌の内側に埋まっているこれらのムダ毛は処理し辛く、肌を黒くくすんで見せてしまうため女性の悩みの種ですよね。
しかしこの「埋没毛」は、正しい対策を取りケアしていくことで改善していくことができます。
埋没毛ができてしまう理由や、予防するための対策方法などについて紹介していきます。


なぜ埋まってしまうの? 埋没毛の原因とは

埋没毛はムダ毛の自己処理による「切れ毛」や「肌へのダメージ」が原因で起こります。

「切れ毛」はムダ毛処理の際に毛が途中で切れて内側の皮膚に引っかかり、毛穴からうまく出ることができず出口を失い肌の中に埋まってしまったもの。
「肌へのダメージ」が原因のものは、ムダ毛の自己処理により傷ついた皮膚が角質を厚くし、新しく生えてきた毛が肌の内側に閉じ込められてしまうことで起こります。

そのため埋没毛を予防するには、「切れ毛」や「肌ダメージ」を無くすようなムダ毛処理をすることが重要なポイントとなります。


埋没毛の予防方法は?

埋没毛はムダ毛の自己処理によって起こるものなので、実は最も効果的な予防方法はサロンでの脱毛を行うことです。

でも、家で行いたい人はなるべく「切れ毛」を防ぎ、「肌を保護しながら」ムダ毛のケアをすることが重要になります。
まずムダ毛処理をする前にはしっかり体を温めて毛穴を開き、毛を柔らかくすることが大切。
毛が柔らかくなった状態で除毛を行えば、切れ毛が皮膚に引っかかり外に出られなくなるリスクを減らすことができます。

またムダ毛処理の際は「スキンケアクリーム」や「ワセリン」などを塗ってから処理するのがオススメ。
「スキンケアクリーム」や「ワセリン」はシェービングクリームよりも肌を保護してくれる効果が高いため、除毛中の肌の負担を軽減させることができます。

またムダ毛処理後には化粧水などを使い保湿ケアを行うのも大切なポイント。 肌の状態を整えることで、埋没毛の発生リスクを抑えることができます。


埋没毛ができてしまったら?

埋没毛を無理やり取り出したくなる気持ちは分かりますが、それはやはり肌への負担が大きすぎるためNG。
放っておいても埋没毛は肌のターンオーバーとともに排出されるので、気にならなければ無理に出す必要はありません。

しかし、埋没毛が見え不快感がある場合は、蒸しタオルを当て保湿を行うなどのケアをすると◎
しっかり保湿を行うと、肌が柔らかくなりより早く埋没毛が排出されるようになります。

埋没毛が赤く炎症を起こしている場合は、ニキビと同じような肌トラブルが起きている証拠。
ニキビケアと同じような対処をしたり、悪化が見られる場合には皮膚科へ相談に行くことも大切です。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談