コラム 【脱毛知識】肌表面に出ているムダ毛の割合ってどのくらい?。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

【脱毛知識】肌表面に出ている
ムダ毛の割合ってどのくらい?

脱毛をはじめる前に知っておきたいのは、肌の表面に見えているムダ毛がすべてではないということです。
ムダ毛全体からすると、肌表面に見えているのは3分の1程度になります。
そのため脱毛施術を1回したとしても、すべての毛に対して脱毛効果を与えることはできません。
肌表面に出ている毛の量から計算すると、3回の施術を行うと、全体のムダ毛に対して脱毛効果を与えることができます。


ムダ毛には3つのサイクルがある!

ムダ毛には成長期、退行期、休止期という3つのサイクルを繰り返すことで、常に元気な毛を保っています。
このサイクルを毛周期といいます。

■成長期は?
成長期は今まさに元気に生えている毛のことを差し、クリニックなどの脱毛によってダメージを与えることができるのは、この成長期の毛のみになります。
その他の休止期と退行期の毛には、全く効果を与えることはできません。
何故かというと、退行期と休止期の毛は、既に毛根から離れているためです。
クリニックで使われる脱毛マシンの多くは、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射し、毛根部にダメージを与える方法なので、毛根がつながっていない毛にはダメージを与えることができないのです。

■退行期は?
退行期の毛は成長が終わり、毛根が離れてしまっている状態の毛を差します。
肌表面から見て、すでに抜け落ちている場合もありますし、また毛穴の中に毛がつまっていて抜けていない場合もあります。
しかし時間が経つにつれて、毛が肌表面へと押し出され、抜けてしまいます。

■休止期は?
また休止期の毛は、既に毛は抜け落ちて、毛根が休んでいる状態です。
次に新しい毛が出来るのを待っている状態で、毛穴には何も生えていません。

このように毛は3つのサイクルからなり、すべての毛穴から毛が生えているわけではないのです。
あまりオススメはできませんが毛抜きを使って毛を抜いてみると、今どの状態なのかということを簡単に知ることができます。
毛根に白いものが付着している場合は退行期の毛で、何も付着していない場合は成長期の毛になります。

このように毛には3つのサイクルがあるので脱毛するときには最低3回施術を行わなければ、ムダ毛全体にダメージを与えることができないということになります。
「今すぐキレイになりたい!」という気持ちは分かりますが、脱毛にはある程度の期間は最低限必要になることを知っておきましょう。
そのため脱毛を完了させておきたい期間から逆算して施術を受けることが大切になってくるのです。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談