お肌に大ダメージ? カミソリ負けを防ぐポイント。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

お肌に大ダメージ?
カミソリ負けを防ぐポイント

ムダ毛の自己処理の定番といえば、カミソリを使った処理方法。
しかし、カミソリを使用した後は埋没毛や肌荒れ、肌の乾燥が出てアフターケアに困っている女性も多くいらっしゃいます。
ムダ毛処理後もトラブルに悩まされないためには、正しいカミソリの使用法を覚えることが重要。
カミソリ負けを防ぐカミソリの使い方や、肌にダメージを与えないムダ毛処理の方法についてご紹介します。


ムダ毛の処理でカミソリ負けが起きる原因は?

カミソリ負けは、カミソリの刃がお肌の表面を傷つけて起きる炎症で、皮膚表面に小さな傷ができて出血したり、ヒリヒリとした痛みを伴います。
「皮膚の表面を撫でるだけだから」と軽く考えてしまっても、薄刃のカミソリはムダ毛だけでなくお肌の表面も削ってしまうのです。
刃のサビつきや刃欠けなどによるカミソリのキレ味の悪さや、カミソリを衛生的に管理しなかったことで細菌が繁殖してしまうと、肌への負担もより大きくなってしまうので要注意。
また、肌の乾燥状態や敏感肌の人、生理周期による過敏な時期はカミソリ負けを起こしやすいと言われています。
当たり前のように週に数回使用している方も多いかと思いますが、カミソリは肌にとって負担になっているケースも多いのです。


カミソリ負けを起こさないムダ毛処理の方法

カミソリは一番手間のかからない、確実にムダ毛を処理できる方法です。
しかし、カミソリ負けの他にも、ムダ毛を毛穴の奥に閉じ込めてしまう埋没毛(埋もれ毛)や、刃の刺激によりメラニン色素を増やして肌の黒ずみなどの色素沈着を起こすことも少なくありません。
カミソリの刃の刺激で肌がたるんで毛穴が開いてしまったり、必要以上にお肌の乾燥を招いてしまうという肌トラブルも多いので、ムダ毛処理の際はビフォーケア、アフターケアをしっかり行いましょう。
カミソリを使う前はまず蒸しタオルを当ててお肌を温めてから、専用のシェーピング剤をたっぷり使って、カミソリからのダメージを受けにくいようケアしてください。
また、カミソリを使う時は石鹸などを使う人も多いのですが、石鹸は肌を洗浄するのもで、ダメージから肌を守るものではないので要注意。
専用のシェービングクリームを使えばお肌を守る保湿成分も含まれていますし、ムダ毛を柔らかくして剃りやすくしてくれるのでおすすめです。

そしてカミソリの使い方は、毛の流れには絶対逆らわないことを意識しましょう。 腕であれば内側から外側へ、足であれば上から下へ、脇であれば中心から外側へ、軽くカミソリで表面を撫でるくらいの気持ちで、優しく剃り落とすことが大事です。 使用後のカミソリは脱衣所などで保管し、極力水分のないところで乾燥させてくださいね。

手間を惜しまなければ、カミソリを使用しても肌ダメージを減らすことができます。
肌が弱くてカミソリ負けなどのお肌へのダメージが気になるのであれば、ホームケアだけでなく、医療脱毛という確実な方法もありますので、検討してみるといいかもしれませんね。
いつまでもすべすべで毛穴の目立たない肌でいるためにも、しっかりとケアを行いましょう。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談