施術を受けるタイミングに要注意?気になる「VIO脱毛」の痛み。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

施術を受けるタイミングに
要注意?
気になる「VIO脱毛」の痛み

時間をかけて丁寧に処理をしても、しばらくするとひょっこり顔を出してくるムダ毛。
女性にとってムダ毛は、大きな悩みにつながることでしょう。
とくに、体の中でも“VIO”のムダ毛に悩みを持つ女性は多いもの。毛が濃く太いVIOのムダ毛は、きちんとお手入れをしないと清潔感が欠けたり、下着や水着からはみ出してしまうこともあります。
とはいえ、VIOの自己処理はとても難しく、肌もデリケートなため苦手意識を持つ方も多いはず。そこでおすすめなのが“VIO脱毛”ですが、これには“痛み”という悩みもあります。一体なぜVIO脱毛は痛みを感じやすいのか、またとくに痛みを感じやすい時期はいつなのかなど“VIO脱毛と痛み”についてご紹介いたします。


VIO脱毛が痛みを感じやすいのはなぜ?

いつでも美しく清潔感あふれる女性でいるためには、体の隅々までムダ毛チェックが欠かせませんが、VIOは自分での処理が少々面倒なパーツ。
何度も繰り返し自己処理をしたり、短いスパンで頻繁に処理をしていると、手間がかかるだけではなく肌トラブルが起こったり、肌が黒ずんでしまったりすることもあります。
せっかくムダ毛を処理したのに、肌がブツブツになって荒れてしまったり、ザラザラの手触りで黒く色素沈着を起こしていては悲しくなってしまいますよね。
そんなたくさんの悩みを解決してくれるのが“VIO脱毛”ですが、どうしても気になってしまうのが施術時の痛み。
VIOのムダ毛は、他の体のパーツに生えている毛と比べると濃くて太く、深くに生えているのが特徴です。そのため、脱毛のレーザーが強く反応し、痛みが感じられやすいのです。
また、先述もしていますが、デリケートゾーンの肌は下着や自己処理での摩擦などの影響で色素沈着が起こって黒ずみやすい部位。黒ずんだ肌に脱毛のレーザーを当てると、必要以上にレーザーが反応してしまうため、余計に痛みを感じることがあるのです。
これに加えて、もともとVIO周辺の肌はとても薄くデリケートにできているため、他のパーツよりも痛みが感じられやすいという特徴もあります。


とくにVIO脱毛が痛くなるのはどんなとき?

脱毛時の痛みは、クリニックや使用する脱毛機器、個人の感覚によっても異なりますが、一般的には「生理前後」「体調不良」「睡眠不足」のときに痛みを感じる方が多いようです。
女性の体はホルモンバランスの変化が大きく、気分や生理周期によっても体調が左右されやすいもの。生理前や寝不足になると肌トラブルが起こりやすくなるように、体調が優れないときに威力の強いレーザーを肌に浴びてしまえば、通常よりも痛みを感じやすいのは当然ともいえます。
脱毛時に感じる痛みの表現として、よく「輪ゴムでパチッと弾かれた程度」といわれていますが、VIOの脱毛ではこの刺激よりも強く感じることがあるということを意識しておくといいでしょう。


VIO脱毛の痛みを軽減するためにできることはある?

最近では、たくさんの種類の脱毛機器があります。それぞれ特徴やメリットが異なり、早く脱毛効果が感じられるもの、肌の色に関係なく照射できるものなど、性能はますます進化しているのです。その中でもとくに注目したいのが、施術時の痛みを極力軽減させた脱毛機器。
脱毛の効果は高いながらも痛みを抑えた脱毛機器は、痛みが心配な女性にぴったりです。

・痛みが少ない脱毛機器を扱っているクリニックを選ぶ
ムダ毛に悩む女性の強い味方となってくれるVIO脱毛ですが、やはり施術のたびに痛みがあっては通うことが億劫になってしまいますよね。
極力、脱毛による痛みを避けるためには、脱毛前と脱毛中に行うべきポイントがいくつかあります。ストレスフリーで脱毛をするためにも、痛みを軽減させるためのポイントを学んでいきましょう。

・日頃から保湿ケアを行っておく
脱毛時の痛みの原因の1つに、肌の乾燥も挙げられます。脱毛後に保湿してあげることはもちろんですが、日頃からバスタイム後などに顔やボディケアと同じようにデリケートゾーンにも保湿ケアを行いましょう。デリケートゾーン専用の保湿クリームなどを使用するのがおすすめです。

・施術前には体調を整えておく
生理中はVIOの脱毛をすることはできないため、生理前に無理に施術を行ってしまうと大きな痛みを感じることがあります。痛みを軽減させるためにも、生理前後の肌が敏感なときの脱毛は避け、体調が万全のときに予約をするようにしましょう。
脱毛当日に向けて、睡眠をたっぷりととったり体調を整えておくと安心です。

 

デリケートゾーンの脱毛は、今や女性のたしなみの1つであるといっても過言ではありません。常に清潔な状態をキープするためにも、VIO脱毛の痛み対策を行いながら脱毛に取り組んでいきましょう。


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談