濃くなることもあるってホント?肩脱毛の種類と注意点。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

濃くなることもあるってホント?
肩脱毛の種類と注意点

ノースリーブやキャミソールを着たときは、肩のムダ毛が気になるもの。
「思い切って肩の脱毛をしたい!」と思う方も多いでしょう。
しかし、「肩の脱毛を行うと、その部分のムダ毛が濃くなることがある」という噂があります。ムダ毛のないツルツル肌を目指しているのに、脱毛が原因でムダ毛が濃くなるというのは、一体どういうことなのでしょうか。
この噂は本当なのか、肩脱毛の種類や注意点とあわせてご紹介いたします。


そもそも「肩脱毛」の種類とは?

・レーザー脱毛(医療脱毛)
メラニン色素に反応するレーザーを毛根に照射して、毛母細胞を破壊するという仕組みになっているのが、レーザー脱毛です。
高い効果が期待でき、短期間でも実感できるほどツルツル肌に近づけるのが魅力です。
このレーザー脱毛は医療脱毛とも呼ばれ、その名の通り医療行為にあたります。そのため、美容外科や皮膚科などの医療機関でしか受けることができません。脱毛サロンやエステで受けられる脱毛とは別物になるため注意しましょう。
また、レーザー脱毛は一度に広範囲の脱毛ができるという特徴もあるため、肩の脱毛に向いています。

・光脱毛(フラッシュ脱毛)
レーザー脱毛よりも出力の弱い光を当て、毛母細胞にダメージを与えていく施術が光脱毛です。こちらは脱毛サロンやエステで施術を受けることができます。
光脱毛もレーザーと同じように一度に広範囲の脱毛ができるため、肩の脱毛に向いていますが、出力が弱い分レーザー脱毛よりも脱毛効果が現れにくく、サロンやエステに何度も通う必要があります。
しかし、出力が弱いため照射時の痛みが少なく、肌に優しい施術だと言われています。


肩脱毛をする際に知っておきたいポイント

・肩のみの脱毛を行うクリニックは少ない
肩脱毛の種類についてご紹介しましたが、実は肩のみの脱毛を行っているクリニックやサロンは少ないのが現状です。
そのため、肩を脱毛したい場合は、基本的に“ひじ上~うなじ付近まで”の施術を受けることになります。脱毛できるパーツについてはクリニックやサロンによって違いがあるので、その点も事前にしっかりチェックしておきましょう。

・肩は皮膚が薄く、負担がかかりやすい
肩の皮膚は薄くできているため、肌荒れや赤みが出やすいパーツです。
肌に負担をかけないためにも、施術後のアフターケアが整ったクリニックやサロンを選ぶことが大切です。


「肩の脱毛でムダ毛が濃くなる!?」この噂の真相とは?

「肩の脱毛でムダ毛が濃くなることがある」と噂されている理由には“硬毛化”という現象が深く関わっています。
硬毛化とは、脱毛を行った部分のムダ毛が、脱毛を行う前より太くなってしまう現象のこと。
脱毛前よりも太くしっかりとしたムダ毛が生えてくることで「ムダ毛が以前より濃くなった」と感じてしまうのです。
とくに、肩は硬毛化が起こりやすいパーツだと言われています。
そもそも硬毛化は、脇毛やヒゲなど、もともと太い毛が生えている部分には発生しません。産毛が多い部分に起こりやすい現象のため、産毛が多い肩こそ、硬毛化しやすいのです。
また、硬毛化の原因はまだ詳しく解明されていませんが、「レーザーや光の熱によって毛根を活性化させるためではないか」と考えられています。
とはいえ、硬毛化が発生する確率は全体の1%程度と、非常にまれです。発生したときは照射する熱量を変えるなど、対策を練ることで脱毛を進めていくことができます。


肩のムダ毛を自己処理する際の注意点ってある?

「肩のムダ毛はそれほど濃くないから、自分で処理をしている」という方も多いことでしょう。ただし、肩は自分から見えにくい部分になるため、以下のことに気をつける必要があります。

・カミソリでの処理は危険
腕や足のムダ毛処理によく使われるT字カミソリですが、肩の処理時にはあまり向いていません。肩は自分の目では確認しづらい範囲になるため、ムダ毛を剃り残したり肌を大きく傷つけたりしてしまう恐れがあるのです。
カミソリを肩に使用するときには、家族や友人など、第三者の手を借りることをおすすめします。

・電気シェーバーや除毛クリームを使用する
肩のムダ毛処理には、カミソリより肌に優しい電気シェーバーがおすすめです。
しかし、ムダ毛を剃り残すリスクが高いので、できれば第三者の手を借りるようにしましょう。
また、広範囲のムダ毛を一度に溶かす除毛クリームもおすすめです。肌が敏感だと刺激を感じやすいので、敏感肌用の商品を使うようにしましょう。

・肌荒れ・埋没毛に要注意
ムダ毛の自己処理によって、肌荒れや埋没毛が起こる可能性もあります。
埋没毛とは、肌が傷つくことで角質が厚くなり、毛が皮膚の下に埋まってしまう現象のこと。
これらを回避するためには、アフターケアを万全に行うことが大切です。
ムダ毛処理後は肌を素早く冷やし、熱がおさまったら化粧水や乳液などでしっかりと保湿ケアを行いましょう。


硬毛化は怖い現象ですが、柔軟な対応をすれば、無事に脱毛を終えることができます。
対して自己処理は、肌荒れや剃り残し、埋没毛などのリスクがあります。
これらのリスクを回避するためにも、ぜひ脱毛を検討してみてくださいね。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談