脱毛施術のフラッシュは「目」に影響があるの?肩脱毛の種類と注意点。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
脱毛コラム

脱毛施術のフラッシュは
「目」に影響があるの?

脱毛を実際に行った人の中には、「施術中の強い光が目に影響を与えるのでは?」と心配する人が意外と多くいらっしゃいます。
また、「脱毛を検討しているけど、目への影響が不安で踏み切れない……」と思っている人も少なくないようです。
そんな不安があると、安心して脱毛がおこなえなくなってしまいます。
そこで今回は、脱毛の光が目に与える影響や、クリニックで行われる目の保護方法などについて詳しくお伝えします。


脱毛のレーザーやフラッシュが目に与える影響とは

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、黒いメラニン色素に反応する光を肌に照射することで、黒い毛根を破壊します。
ムダ毛の毛母細胞にダメージを与えることで、脱毛効果を得ることができるのです。

なお、この脱毛施術に使用される光は可視光と呼ばれるもので、人体に大きな影響を与えるものではありません。
メラニン色素に反応した時は熱エネルギーを発しますが、人の身体には害がないのです。
そのため、光が直接目に入らない限りは大きな影響はないといえます。


脱毛の際に誤って光が目に入った時の影響

日本人のほとんどは黒目が濃い茶色や黒色のため、万が一誤って目に光が直接入った場合は、網膜をやけどするなどの危険性があります。網膜が強い光と熱量を受けることで、多大なダメージを受けてしまうのです。
重症の場合は斜視や白内障になったり、最悪の場合は失明を引き起こす恐れがあります。

しかし、基本的には目をつぶってさえいれば、上記のようなリスクは回避することができます。
眼球の真上から照射した場合は確かに危険ですが、施術ではそのようなことはおこないませんので、心配する必要はないでしょう。


クリニックでは目への影響を配慮し脱毛をおこなう

目をつぶってさえいれば大丈夫とはいえ、やはり「目を開けてしまったらどうしよう」という心配も出てくるかと思います。クリニックで脱毛施術をおこなう際は、必ず目をゴーグルなどで保護したうえでレーザーを照射します。

目の保護は顔の脱毛でも、身体の脱毛でも、同じように行われます。
そのため、上記のようなリスクに至る心配はなく常に安全に脱毛をおこなうことができます。

なお、クリニックによって多少の違いはありますが、目の保護にはゴーグル、サングラス、タオル、ガーゼなどが使われます。
白いタオルやカーゼの場合、目元にかぶせることで、黒い色素に反応する光をはね返すことができます。
施術当日は目が保護をされる前提で、つけまつげなどのメイクはしないで保護しやすい状態で臨むと良いでしょう。


まぶたの脱毛は目への影響を考える必要がある

まぶたの脱毛となると、眼球の真上から照射することになりますから目への影響が心配されます。しかもまぶたの皮膚は薄いうえに、視神経に近い場所です。脱毛の施術を希望の方は、クリニック側と十分に相談する必要があります。
眉毛やまつげへの影響、また万が一目を開けてしまった時の影響も心配されますから、安易な脱毛は避けたほうが良いでしょう。


脱毛の際に目への影響が気になる場合はスタッフに相談を

目への影響や施術中の眩しさが気になるようなら、その場ですぐにスタッフに相談しましょう。眩しさの感じ方は人によって異なりますから、気になる時は素直に伝えて対処してもらうことをおすすめします。
不安を覚えながら施術を受けることは精神的にも肌のためにも良くないので、必ず伝えてください。

なお、施術を受ける前から不安がある場合は、事前のカウンセリングでも相談しておくと良いでしょう。
事前に伝えておけば、より入念な保護や対処によって不安要素を消すことができます。


家庭用脱毛器による目の影響は

最近では、家庭用脱毛器をお持ちの方も増えてきています。
クリニックの脱毛では目の保護を徹底していますし、熟練のスタッフが施術をおこないますから、目に光が入るようなリスクは回避できます。

しかし家庭用脱毛器の場合は自分で操作をしますから、ミスによって目に光が入ってしまう事故も起こりかねません。
そのため、家庭用脱毛器を使う時こそ十分に気をつけることが大切です。
操作ミスのないように注意し、専用のサングラスなどを着用して、目に届く光を弱めるなどの工夫を取り入れましょう。


家庭用脱毛器を使用中に光が目に入ってしまった場合は

万が一、目に光が直接入ってしまった場合は、すみやかに眼科へ行きましょう。
自己判断でケアをしていると、症状の悪化を招くこともあります。
なお、眼科へ行った際は詳しい経緯を話したうえで、適切な治療を受けることが大切です。

目への影響を心配している女性も多いようですが、適切な施術や目の保護さえしていれば、脱毛で目にダメージを受けることはありません。
ただしそのためには、安全な脱毛方法と信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
ムダ毛に悩まされない日々を手に入れるために、どうぞ最良の選択をしてください。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談