脱毛前に要チェック!前日・当日にやっておくべきセルフケアや注意点。脱毛・美容医療のフェミークリニック

脱毛コラム

脱毛前に要チェック!
前日・当日にやっておくべき
セルフケアや注意点

脱毛前は、ご自身でムダ毛処理をしていただく必要があります。
その他に脱毛前後にどのようなことをやっておくべきか、詳しくご存じですか?
脱毛の前日・当日にやっておくべきケアと、脱毛前後にやってはいけないことをまとめてご紹介します。


脱毛の前日にやっておくべきセルフケア

≪ムダ毛のシェービング≫

脱毛を行う際は、ムダ毛を剃っておかないと脱毛マシンでお手入れをすることができません。
なぜならムダ毛が長く伸びていると、脱毛マシンの光がムダ毛に分散して、毛根に直接照射できなくなってしまうからです。
また、伸びたムダ毛に熱が加わると、接触している部分の皮膚が火傷をする恐れもあります。

そのため、ムダ毛は脱毛の前日に剃っておきましょう。
なお、脱毛の当日に剃るのはNGです。
当日に剃ると肌に細かな傷がついたまま脱毛をすることになるので、肌が荒れやすくなってしまいます。
必ずシェービングは脱毛の前日に済ませておいてください。

なお、シェービングには電気シェーバーの利用がおすすめです。
電気シェーバーは肌に直接刃が当たらない構造になっているので、肌を傷つけずにムダ毛を剃ることができます。
電気シェーバーをお持ちでない場合は、シェービングクリームを塗ってから、カミソリで優しく丁寧に剃っておきましょう。

≪保湿≫

肌が乾燥した状態だと、照射する光の熱によって肌が荒れやすくなります。
肌荒れを防ぐために、脱毛の前日まではしっかりとした保湿ケアを行っておきましょう。
特にシェービング後の肌は乾燥しやすいので、入念に保湿することをおすすめします。


脱毛の当日にやっておくべきセルフケア

≪肌に何もつけない≫

普段であれば、「日焼け止めを塗ったり、制汗剤を使ってから出かける」という方が多いはずです。
しかしそれらをつけたまま脱毛をすると、脱毛効果が半減する恐れがあります。

脱毛に行く際は、肌に何もつけずに出かけましょう。
前日の保湿クリームなどが残っている場合も、軽く洗い流してから出かけることをおすすめします。
ただし、何もつけないのは脱毛する部分だけでOKです。
たとえば脚の脱毛をするなら、ワキに制汗剤を使っても問題ありません。

≪日焼け止め以外での日焼け対策≫

上でご説明した通り、脱毛前に日焼け止めを使うことはNGです。
しかし脱毛前に日焼けをすると、肌の炎症を引き起こす恐れがあります。
医療脱毛へ向かう途中で日差しを浴びてしまう可能性がある場合は、日傘や帽子、長袖長ズボンなどでしっかりと紫外線をブロックしましょう。


脱毛前後にやってはいけないこと&注意

ここまでは脱毛の前日と当日のケアについてお伝えしました。
以下からは、脱毛前後にやってはいけないことをご紹介します。

≪毛抜きでの自己処理≫

毛抜きでムダ毛を抜くと、脱毛で破壊するはずの毛根まで引き抜いてしまうので、施術の効果がなくなってしまいます。
また、毛抜きを使うと毛穴や皮膚が傷つき、肌荒れや埋没毛まで引き起こしてしまいます。

そのため、毛抜きを使ったムダ毛処理は禁物です。
脱毛を受ける直前だけでなく、お手入れを継続している最中は毛抜きを使わないようにしましょう。

≪日焼け≫

日焼けをすると肌が傷つきやすくなるだけでなく、脱毛効果にも影響を及ぼします。
そもそも脱毛では、黒い色素に反応する光を当てることで、黒い毛根を破壊しています。
しかし肌まで日焼けして黒くなっていると、光が分散して十分な脱毛効果を得られなくなってしまうのです。

そのため、脱毛期間中は日焼けが全面的に禁止です。
綺麗な肌を保つためにも、日焼けしないようにしっかり紫外線対策をしましょう。
なお、脱毛直前や直後は日焼け止めがNGですが、それ以外ではきっちり使用して、肌を焼かないようにしてください。

≪飲酒≫

お酒を飲むと体温が上がり、脱毛の際にかゆみを感じやすくなります。
また、脱水症状によって肌が乾燥しやすくなることもあります。
そのため、脱毛の前後12時間は飲酒を控えるようにしましょう。

≪薬の服用≫

風邪薬やアレルギーの薬などを使用していると、思わぬ肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
また、痛み止めを飲んでいると、万が一肌に痛みを感じても、自覚できずに症状の悪化を招くことがあります。
もし常飲している処方薬などがあるなら、病院の医師に相談して、問題がないか確認しておきましょう。

≪激しい運動≫

脱毛前後に激しい運動をすると、体温が上がってかゆみを感じやすくなります。
ダイエットなどで運動を定期的に行っている、という場合でも、脱毛前後は身体を休ませるようにしましょう。

≪予防接種≫

脱毛前後の10日以内は、予防接種をしないようにしましょう。
予防接種を受けると体調が変化しやすくなり、脱毛で思わぬトラブルを引き起こす恐れがあります。
また、脱毛後でも予防接種を受けると体調を崩しやすくなりますから、前後10日ほど空けることが大切です。


以上、脱毛を行う際のケア方法や注意点についてご紹介しました。
これらに注意しないと、肌が余計に傷ついたり、脱毛効果が半減したりする可能性があります。
十分なセルフケアを行って、ムダ毛に悩まされない美肌を手に入れましょう。

医療脱毛メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休