自己処理のトラブルについて

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +
自己処理のトラブルについて

自己処理のトラブルについて

一般的な自己処理のリスク

剃毛

剃毛

肌の角質層を傷つけるため、乾燥や肌荒れ、さらに傷ついた皮膚に細菌が侵入して 化膿してしまうこともあります。また繰り返すことで肌自体が刺激を弱めようとして 角質が厚くなり、黒ずみの原因にも。

毛抜き

毛抜き

無理にひっぱることで毛穴が傷つき、炎症や色素沈着を起こします。

除毛クリーム

除毛クリーム

毛とともに肌表面のたんぱく質も溶かしてしまうため、炎症やアレルギーを誘発する場合があります。

ワックス

ワックス

皮膚を傷つけ、炎症やかぶれ、腫れ、内出血などを起こす可能性があります。負担が大きく、肌の弱い人はかぶれることもあります。

電気脱毛気

電気脱毛気

毛穴が炎症や細菌感染を起こしやすくなります。

自己処理によるさまざまなトラブル

埋没毛(まいぼつもう)

カミソリや毛抜きでの処理後に多く見られるトラブルです。毛の再生サイクルより皮膚の再生サイクルが早いため毛穴がふさがってしまい、毛が皮膚の下で再生してしまう状態です。自分でとろうとして炎症を起こしたりを繰り返すと、痕が残ってしまうこともあります。

色素沈着・瘢痕(はんこん)

ムダ毛処理を繰り返すことで、肌が黒ずんでしまうことがあります。ワキなど毛の多い場所は自己処理による炎症や刺激でメラニン細胞が活性化され、色素沈着が起こりやすくなるのです。また、傷ついた皮膚は再生して新しい皮膚となりますが、その際に傷跡が残ってしまう状態を瘢痕といいます。

肌荒れ・乾燥

自己処理により角質層にダメージを与えると肌のバリア機能は低下し、乾燥を招きます。乾燥した肌は刺激物が入り込みやすく、肌荒れが進行してしまいます。もともと角質は爪でひっかいただけでも剥がれてしまうほどデリケートなので、丁寧な扱いが大切です。

毛嚢炎(もうのうえん)

不衛生な環境や器具を使用して自己処理を行うと、傷ついた皮膚や毛穴から細菌が侵入し、毛根の周囲に赤みや腫れ、化膿などの炎症を起こします。

永久脱毛 メニュー

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談