クマ治療|東京(渋谷・新宿・池袋・銀座

クマ治療

クマ治療

クマ治療について

クマ

目の下のクマがあると、どうしても疲れた表情に見えたり、見た目年齢も上がりがちです。
クマは、寝不足の時に現れる印象がありますが、症状や原因はそれだけではありません。

「青クマ・茶クマ・黒クマ」と3つの症状に分類され、原因は様々です。誤った判断でセルフケアを行うと症状が悪化する恐れがございますので、まずはご相談ください。

クマ治療の基礎知識

クマタイプをチェック

青クマ(血行不良)

青クマ(血行不良)

主に血行不良により現れる症状で、眼精疲労をはじめ、寝不足・ストレスなどが原因と考えられます。血行不良により、血管が収縮することで、青黒く見えます。目の下の皮膚は薄いため、症状が現れやすい部分となり、表情も暗く見えがちになります。

【チェックポイント】

・皮膚を軽く引っ張ると多少色が薄くなる

茶クマ(色素沈着)

茶クマ(色素沈着)

紫外線によるメラニンの沈着や、乾燥、擦れなど、色素沈着が原因で目の周りが茶色くくすんだ様な症状です。血行不良による青クマと判断し、念入りに目の周りのマッサージなどを行うと、刺激になり色素沈着を引き起こす原因にもなりかねるため、注意が必要です。
これは、洗顔や、メイク時も同様で擦りすぎないように注意しましょう。

【チェックポイント】

・引っ張っても色が変わらない

黒クマ(たるみ)

黒クマ(たるみ)

年齢とともに、しわが生じたり皮膚がたるむことで、影ができて黒く見える症状です。シワやたるみの原因は、コラーゲンの減少や乾燥などが挙げられます。アイクリームなどの保湿は必須ですが、マッサージなども力を入れすぎたり擦れすぎが原因で、シワやたるみが悪化する恐れがあるため、注意しましょう。

【チェックポイント】

・皮膚を軽く引っ張ると薄くなる ・たるみの部分を押すと色が薄くなる

このような方におすすめ

  • 目のくまが目立つ
  • 目の下のふくらみが目立つ
  • メイクしてもくまが隠れない
  • いつも疲れた顔に見える"

クマ治療をされた方の声

匿名さん
・ACR療法

*目の下のくまが改善した
*ニキビ跡が目立たなくなった
*毛穴が縮小した
*肌のハリがでた

フェミークリニックから患者さまへ

クマといっても、血行不良により現れる症状や、紫外線や乾燥が要因のもの、たるみからくるものなど原因は様々です。「青クマ・茶クマ・黒クマ」の各タイプによって、それぞれ効果的な治療法がございます。

クマのない、若々しくて魅力的な目元を手に入れるために、ご自身の判断で誤ったケアをする前に是非お気軽にご相談ください。フェミークリニックは美容皮膚科としてみなさまのお悩みにお答えいたします。

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談