ニキビの原因をご紹介します。

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +
ニキビ治療・ニキビ跡治療

ニキビの原因

大人ニキビの改善には日常生活の見直しも必要です。ニキビを正しく理解し、一緒にニキビを解消していきましょう。

ニキビのメカニズム ニキビのメカニズム

ニキビとは、毛穴に皮脂や老廃物がつまり、細菌が増殖して炎症をおこし、さらに膿をもつという段階的に悪化していく症状の総称です。

一般的に“思春期ニキビ”と“大人ニキビ”に区別され、思春期ニキビは成長ホルモンの増加による皮脂の過剰分泌が主な原因なのに対し、大人ニキビは、主にホルモンバランスの乱れや肌機能の低下により肌のターンオーバーが正常に行われなくなるのが原因です。

ここでは肌の構造とターンオーバーとともに、ニキビのメカニズムについて詳しくご説明します。

肌の構造

肌の構造 肌の構造

皮膚は外側から大きく表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれています。
表皮はケラチンと呼ばれるたんぱく質が主成分で、水分を保持し、外的刺激から肌を守る働きを持っています。表皮では常に新しい表皮細胞がつくられ、古い細胞はどんどん表面に押し上げられるようにして新陳代謝が図られています。

真皮は毛細血管、末端神経、汗腺、皮脂腺などが集まっている層で、肌のハリや弾力に影響を与えます。約70%はコラーゲンやエラスチンなどの繊維物質でできており、その周りを埋めるようにヒアルロン酸が存在しています。

皮下組織はほとんどが脂肪でできている組織です。外部からの衝撃を受け止めたり、体温を調節したりする働きを持ち、表皮、真皮を正常に働かせるための栄養を蓄えています。

ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーの仕組み ターンオーバーの仕組み

肌は常に新陳代謝を繰り返しています。
表皮の一番下の「基底層」で常に新しい表皮細胞がつくられ、分裂しながら徐々に表面に上がっていき、それに伴い古い細胞も押し上げられていきます。
この押し上げられた細胞の重なりが「角質層」で、一定期間が経つと垢となって剥がれ落ちます。このサイクルをターンオーバーといいます。

一般的に健康な肌のターンオーバーは約28日周期で、このサイクルが短くても長くても肌トラブルにつながります。ニキビ肌の場合、ターンオーバーの周期が長くなっています。

ニキビのメカニズム

ホルモンバランスの乱れ・肌の機能低下

ホルモンバランスの乱れ・肌の機能低下

ストレスや睡眠不足など、さまざまな生活習慣が要因となってホルモンバランスが乱れたり、肌の機能が低下したりすると肌のターンオーバーが正常に機能しなくなります。
また、月経前になるとニキビができるという方も多いと思いますが、それは、排卵期から月経期の間にあたる黄体期に男性ホルモンと似た働きの「黄体ホルモン」が多く分泌され、皮脂分泌が過剰になるためです。

ターンオーバーの乱れによる角質肥厚(皮脂のつまり)

ホルモンバランスの乱れ・肌の機能低下

ターンオーバーが乱れると余分な皮脂や古い角質が排泄されず、毛穴につまり、角質そのものが厚くなります。これを角質肥厚といいます。同様に間違ったスキンケアを続けていると、化粧品やホコリなどの落としきれなかった汚れが蓄積し、毛穴のつまりをひき起してしまいます。
角質肥厚によって毛穴が狭くなると、皮脂や角質がさらに蓄積され、肌表面にポツポツと症状が現れはじめます。指で押すと粘り気のある白い物質が出てくるのが皮脂です。この状態はまだ炎症を起こしていません。

アクネ菌の増殖

アクネ菌の増殖

毛穴に溜まった皮脂を放置すると、それを栄養としてアクネ菌が増殖し、炎症を起こします。アクネ菌は脂肪を好み、空気に触れることを嫌うため、角質肥厚によって毛穴が塞がってしまうと格好の増殖の場となってしまうのです。さらに毛穴の中に詰まった皮脂がアクネ菌に分解されると皮膚細胞に強い刺激を与えます。それらによって炎症が進むと膿がたまって化膿し、肌の深部にまで影響すると炎症が落ち着いた後も肌表面に凹凸が出てきます。

さまざまな原因 さまざまな原因

大人ニキビの発症原因であるホルモンバランスの乱れや肌の機能低下をひき起す要因には、次のようなものがあります。どれもみな日常生活に潜んでいるものばかりですが、心当たりはありませんか? 多くの場合、いくつかが複雑に絡み合っていますので、治療効果を高めるためには要因をしっかり究明し、改善していくことが重要です。フェミークリニックでは治療と合わせて改善に向けてのアドバイスをしています。

ホルモンバランスの乱れを招く要因

ストレス

大人ニキビはストレス(特に精神的ストレス)と深い関わりがあります。
過剰なストレスを受け続けていると、脳はストレスに対抗するため脳下垂体から副腎皮質ホルモンを放出します。
この時、一緒に男性ホルモンも分泌されるため、ホルモンのバランスの乱れが生じます。
男性ホルモンが増加すると、それを分解する力によって皮脂腺が刺激され、皮脂量が増加し、さらに男性ホルモンには角質を厚くさせる働きもあるため、毛穴をより詰まりやすくしてしまうのです。

食生活の乱れ

栄養の偏った食事は皮脂の分泌を増加させたり、内蔵機能を低下させたりと、ニキビ発症の要因となります。中でも脂分、特に動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸には男性ホルモンの分泌を高める働きがあり、皮脂の分泌が活発になるので摂り過ぎには気をつけましょう。
糖分、皮脂の分解にはビタミンB群を必要とします。糖分を過剰摂取することで、ビタミンB群不足となり皮脂の分解がおこなわれにくくなります。さらに炭水化物は消化すると糖分に分解されるため、適度な量に抑えるよう心がけたいものです。肉中心の食事、酒・タバコなどの刺激物、インスタントや加工品の大量摂取、甘いものの摂り過ぎには注意し、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。 ダイエットによる過度な脂肪・糖類(炭水化物)の制限も肌の乾燥や肌機能の低下の原因となります。

睡眠不足

睡眠中は肌細胞の働きが活発になります。これは副交感神経が活発に働くためで、昼間に受けたさまざまなダメージを回復する役割があります。女性ホルモンの代表的なものにエストロゲン(卵胞ホルモン)がありますが、睡眠不足が続くとエストロゲンの分泌は低下します。
するとホルモンバランスが崩れ、肌のターンオーバーが乱れてしまうのです。
特に22時~2時は身体がホルモンバランスを整える時間だと言われますので、この時間にきちんと睡眠をとるように心がけましょう。

便秘と胃腸障害

食事は腸管を通って体内に吸収されます。腸管の状態が良好であれば必要な栄養素がきちんと吸収され、不必要な毒素は排便によって排出されます。ところが便秘になると腸管がうまく働かず、毒素が排出されにくくなり、皮膚からの排出が高まって肌に影響を及ぼします。
便秘の原因はさまざまありますが、女性ホルモンの1つのプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係しているとも言われます。プロゲステロンの分泌が活発になると、体内への水分や塩分の吸収率が高まり、便の水分も吸収されるために便が硬くなって排便しにくくなるのです。

生理不順・月経前症候群

女性の身体は月経期→卵胞期→排卵期→黄体期を繰り返しています。4つの期間でホルモン量が変わっていくのですが、どこかでバランスが崩れると月経不順となります。また最近ではPMS(月経前症候群)という言葉が広まっていますが、これは月経前1、2週間(黄体期)におこるもので、胸のハリ、腰痛、肩こり、便秘、眠気、イライラ、集中力低下などの症状があらわれます。はっきりとした原因は解明されていませんが、「排卵後に分泌される黄体ホルモンによって身体に水分が溜まりやすくなる」「神経刺激を伝達するセロトニン、モルヒネ作用のあるβ-エンドルフィンの低下」が影響していると考えられています。この時期は黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えてニキビができやすいのですが、PMSの辛い症状によってストレスが増加し、さらにホルモンバランス乱れるという悪循環に陥りやすく、にきびの更なる悪化につながります。

肌の機能低下を招く要因

肌の乾燥

角質層の表面は「皮脂膜」という薄い膜によって覆われています。この皮脂膜は肌内部にある水分の蒸発を防ぎ、さらに外的刺激から肌を守る役割をもっています。
皮脂膜がダメージを受けると、角質層は水分が奪われてかたくなり、やがて毛穴を詰まらせてしまいます。さらにかたくなった角質層では古い角質細胞がはがれ落ちずに留まってしまうため、ターンオーバーが乱れ、さらに角質が溜まるという、悪循環に陥ってしまいます。

ビタミン欠乏

肌の機能を正常に保つためにはビタミンが欠かせません。不足すると肌の機能低下を招き、肌トラブルにつながってしまいます。 肌に関わりの深いビタミンの代表といえばビタミンB・Cです。
ビタミンCには、皮脂分泌抑制、抗炎症作用、コラーゲン生成などの効果が期待でき、不足すると肌が本来もつ機能が低下します。また、ビタミンB群は皮脂の分泌を抑制する働きがあり、不足すると皮脂の分泌が多くなります。ビタミンAは新陳代謝を活発にする働きがあり、不足すると肌がかさついて角質が厚くなります。これらのビタミンは食事だけで必要な量をまかなうのが難しいので、ニキビ治療時には必要に応じて飲み薬や塗布薬によって補うこともあります。

誤ったスキンケア

肌のために行っているスキンケアも、アイテム選びや方法を間違ってしまうと肌トラブルの原因になってしまいます。特に洗顔は、汚れを落として肌を清潔に保つためにとても重要です。
皮脂が気になるからと洗顔回数を増やし過ぎると必要な皮脂まで取り除いてしまい、かえって皮脂の分泌を促してしまいます。また、肌はデリケートですから、ゴシゴシとこすらず、たっぷりの泡でやさしく包み込むように洗うようにしましょう。そしてなにより、肌や症状に合ったスキンケアアイテムを使用することが大切です。

紫外線

肌にとって紫外線は有害な刺激です。シミの原因となるメラノサイトを増やし、真皮にまで達して組織を破壊するため、肌のハリや弾力を失わせてしまいます。また、紫外線を浴び続けると肌の防御機能が働き、角質が厚くなっていきます。厚くなった角質は毛穴をふせぐため、そこに余分な皮脂や汚れが詰まってしまいます。

ニキビ・ニキビ跡治療 メニュー

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談