コラム ニキビ悪化を防ぐ日焼け止めの正しい使い方。脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

ニキビ悪化を防ぐ
日焼け止めの正しい使い方

年々、紫外線対策が過熱しており「より効果のあるものを」という傾向に向かっています。
紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを使うことはマストですが、効果の高いものはそれだけ肌への負担も大きいということを考えなければいけません。
そのため、どれだけ肌に負担をかけずに紫外線をカットするか、ということが大きなポイントになります。
そこで今回は肌と紫外線、両面から見た日焼け止めの選び方を紹介します。


効果が高いものは肌には負担!

日焼け止めを選ぶとき、「SPFやPAなどの数値を参考にして購入している」という人が多いでしょう。
確かにこれらの数値が高ければ、日焼け止め効果が高いといわれています。
しかし、効果が高いということは肌に大きな負担となっているのです。
さらに、効果が高いものは水だけでオフできないものが多く、毛穴の詰まりの原因にもなりかねません。
また、肌に日焼け止めの成分が残っていることで、ニキビを悪化させてしまうことも珍しくないのです。


日焼け止めのSPFとPAの数値は?

SPFは日焼け止め効果がある時間を表していて、SPF「1」で20分程度の効果があります。
ニキビ対策としては、SPFの数値「20」から「30」ほどのものを選ぶのがおすすめです。
一方、PAは肌を黒くするのを防ぐ効果を表し、「+」が多いほど効果が高いとされています。
やはりこちらも数値が高ければ効果が高い分、肌への負担は大きくなります。
普段使いなら「++」もしくは「+++」ほどのものを選ぶのがおすすめです。


ニキビを悪化させない日焼け止めは?

すでにニキビができている場合、できるだけ肌にやさしい日焼け止めを選ぶことが大切です。室内やちょっとした外出だけなら、パウダーファンデーションや粉おしろいでも十分でしょう。
外出の時間が少し長めである場合は、ニキビをこれ以上悪化させないためにもノンケミカルの日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

さらに、日焼け止めは「紫外線吸収剤」を使用しているものが多く、これがニキビの悪化につながるともいわれています。
「紫外線散乱剤使用」もしくは「紫外線吸収剤不使用」と書かれているものを購入するようにしましょう。
またウォータープルーフの日焼け止めは毛穴を詰まらせる原因にもなり、肌への負担も大きいです。海やプールに行くとき以外は使用しないほうが良いでしょう。

日焼け止めを使う時はその日の予定に合わせて日焼け止めを選ぶこと、またこまめに塗りなおして日焼け止めのパワーを低下させないことが大切です。

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休