慢性化に要注意! 覚えておきたい頬ニキビ予防のポイントとは?脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

慢性化に要注意!
覚えておきたい
頬ニキビ予防の
ポイントとは?

眉間や口元など、ニキビができやすい部位はいくつかありますが、何といっても厄介なのが、頬にできるニキビです。
同じ場所に繰り返しできてしまう傾向のある頬のニキビは、クレーター状の大きな痕が残ってしまったり、擦れてシミになったりしてしまうことも多いのです。
そのため頬にニキビができてしまった場合は、しっかりと原因を追究し、ニキビを根本から改善・予防していくことが大切です。
今回は、頬にニキビができやすい原因と、頬ニキビの改善のポイントなどについて、詳しくご紹介いたします。


頬ニキビができる原因は?

一般的に、顔にニキビができやすくなる原因として挙げられるのは、以下のようなものです。

■脂っぽい料理やスイーツなどの糖分を多く含む食べ物を好んで食べる
■過度なダイエットなどが原因で栄養が偏っている
■クレンジングや洗顔が不十分で、メイクや古い皮脂が肌に残っている
■ストレスや睡眠不足でホルモンバランスが乱れている
■運動不足や冷えによって、血行が滞っている

以上の原因に、頬杖をつく癖や髪の毛などによる頬への刺激が加わることで、頬にニキビができやすくなるのです。
手や髪の毛にはさまざまな雑菌がついているため、繰り返し接触することによって頬に雑菌が移ってしまいます。
頬に移った雑菌は毛穴に詰まった皮脂をエサとして繁殖し、あっという間にニキビを生み出す原因に。また、髪の毛や手が触れる部分は決まっているため、同じ位置に繰り返しニキビを発生させてしまいます。


頬ニキビを改善するスキンケアのポイント

頬ニキビを改善・予防するためには、しっかりと顔の汚れを落とし、丁寧に保湿してあげることが大切です。
しかし、必要以上の保湿は逆に悪影響を与えてしまう可能性があるため要注意。
必要以上の保湿をすることで体が「もっと皮脂が必要だ」と判断し、皮脂を過剰分泌させて、ニキビができるリスクを高めてしまいます。
頬は、顔の中でも広い面積を占めるパーツなので、ついつい余計に乳液などを塗ってしまいがち。
化粧水でたっぷりの保水をした後は、過剰に保湿してしまわないよう注意して、薄い膜で水分を保護するイメージでクリーム等を重ねるようにしてください。

頬にニキビができてしまう原因と、頬ニキビを予防するためのスキンケアのポイントをご紹介いたしました。
丁寧なスキンケアと併せて、髪の毛を縛る、なるべく頬に刺激を与えない、こまめな手洗いで手の雑菌を減らすなどの対策を行い、頬ニキビを予防していきましょう。

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休