ニキビを芯まで取り除く方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

芯があると繰り返す?
ニキビを芯まで
取り除く方法

ニキビには、中心に「芯」というものがあります。
表面的には治ったと思われるニキビでも、芯が残っているとそこに皮脂やホコリなどが付着して、ニキビが再発してしまうのです。
できてしまったら極力いじってはいけないと言われるニキビですが、芯はどのように取り除いたらいいのでしょうか?その方法と注意点をご紹介します。


芯を出すべきなのは「白ニキビ」

ニキビにはいくつかの種類がありますが、そのなかでもセルフケアで芯を取り除いてもいいのは「白ニキビ」です。
白ニキビは、ニキビの初期段階なのでセルフケアでも根治できます。むしろ、放っておくと悪化して赤ニキビや黄ニキビになってしまうので、早いうちに芯を出して治してしまったほうがいいのです。
黄ニキビを白ニキビと勘違いして芯を出そうとしてしまう人もいますが、黄ニキビの場合中心にあるのは芯ではなく膿。取り除こうと刺激すると余計に炎症が悪化するので、潰してしまわないように注意しましょう。


「優しく」が鉄則! 白ニキビの芯の出し方

・面皰圧子を使う
白ニキビの芯を出すときには、面皰圧子という器具を使います。ドラッグストアなどで安く売っているので、肌荒れ対策として購入してみてもいいでしょう。
手で潰してしまう人も多いのですが、爪などで肌を刺激すると雑菌が入ってニキビが悪化してしまうおそれもあります。
ニキビを刺激しないためにも、清潔な状態にした面皰圧子を使うことをおすすめします。

・刺激を減らすための「肌」対策
ニキビの芯を取り除く前に、まずはお風呂に入って毛穴を開き、肌を柔らかくしておきましょう。
肌が乾燥していたり冷えている状態だとにきびが出て来にくく、取り出すまでに時間がかかることがあるので注意してください。
洗顔をしてニキビができている箇所を清潔にしたら、面皰圧子の丸いほうをニキビのまわりにあてて芯を出します。肌が柔らかくなっていれば簡単に芯は出てきますが、取り切れない場合は三角のほうを使うと芯がしっかり取り除けるでしょう。

・取り除いたあとのケアが重要
ニキビの芯を取り除いたあとは、芯の出た毛穴がポッカリと開いた状態になっています。
汚れの侵入を防ぐためにもすぐに患部を洗い流し、ニキビ肌用の化粧水をつけて毛穴を引き締めましょう。これを怠ると、毛穴が黒ずんで目立ってしまったり、雑菌が入って新しいニキビができてしまったりすることがあります。
その後のスキンケアやメイクでも、患部をこすったり掻いたりしないよう注意してくださいね。

ニキビの芯を取り除くのは、最初はなかなか難しいかもしれません。もし不安な場合は、エステサロンに行って正しい処置をしてもらうのもオススメです。万が一ニキビ跡が残ってしまった場合も、サロンに行けばニキビ跡の治療方法についてアドバイスがもらえるので一度相談に行ってみるのも良いでしょう。
ニキビを繰り返さないためにも、しっかりとスキンケアを行っていきましょう!

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休