厄介な紫ニキビができる原因としっかり治すケア5選。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
ニキビコラム

厄介な紫ニキビが
できる原因と
しっかり治すケア5選

痕が残りやすくなかなか治りにくい「紫ニキビ」は、ニキビの中でも特に厄介で治りにくいのが特徴です。 頬やあごなど比較的皮脂分泌が少ない部位にできやすく、何度も繰り返すのでケアの方法に悩んでいるという人も多いでしょう。 なぜ紫ニキビができてしまうのか、その原因と紫ニキビをしっかり治すための5つのケアを紹介します。


紫ニキビの特徴と原因って?

一般的にニキビというと、白ニキビや赤ニキビを連想される方も多いでしょう。 これらのニキビはニキビの初期段階で、紫ニキビはそのニキビが悪化して炎症が極限状態になってしまったものを指します。 触ると少し熱を持っていたり、炎症を起こしている周囲の皮膚もすこし硬くなったり、紫ニキビは「皮膚の奥底」までニキビが到達してしまっている状態。 血液と膿が混ざり合い、赤紫色や黒みがかった赤色の見た目が特徴です。 紫ニキビにまで状態が悪化してしまうのには、主に以下の原因が関係しています。

・ニキビをつぶしてしまった
ニキビができると、つい気になって指で触ってしまうこともあるでしょう。
またはつぶすことがクセになっている、という人もいるかもしれません。
不衛生な手でニキビをつぶすことで毛穴にばい菌が入り、炎症を悪化させてしまうことも。
必要以上にいじることも紫ニキビの原因となります。

・代謝が落ちている
健やかな肌を保つためには、血行がいいことと代謝を高めることです。
体内の健康状態が保たれていれば、たとえニキビができて膿がたまったとしても悪化する前に自然と改善されていきます。
代謝が落ちれば肌の調子も悪くなり、ニキビが悪化しやすい状態を作り出しているのです。


しっかり治すケア方法はコレ!

なかなか治りにくく痕になりやすいと言われている紫ニキビですが、適切なケアをすることで改善に導きます。
以下のケア方法を意識して、まずは「悪化を食い止める」ことからはじめましょう。

1. 洗顔はたっぷりの泡で
ニキビができた肌はいつもより敏感です。
クレンジングは肌にやさしいタイプを使い、洗顔料はたっぷり泡立ててから使いましょう。

2. 保湿はしっかりと行う
ニキビがあるときに肌がベタつくと良くないと、乳液を使わない人も少なくありません。
しかしニキビに乾燥は大敵です。たっぷり水分を与えたら乳液で乾燥を防いであげましょう。

3. 十分な睡眠時間の確保を
健やかな肌をキープするには、良質な睡眠は欠かせません。
睡眠時間は一定にするように意識して、肌だけでなく身心にストレスを与えない睡眠環境を整えましょう。寝具も清潔に保ってくださいね。

4. 栄養バランスのとれた食事を
肌の栄養を作るのは、外側だけでなく内側からのケアも欠かせません。
脂っこいものや甘いものは控え、ビタミンやタンパク質などバランスよく摂るように心がけましょう。

5. 皮膚科に相談しよう!
紫ニキビはセルフケアで完治するのは、時間が掛かったり、跡が残ることもあります。
綺麗な肌を保ちたいなら、セルフケアでできることを行いながらなるべく早く皮膚科に相談することをおすすめします。

紫ニキビの進行を防ぐためにも、まずはスキンケアを見直してすこやかな肌を保ちましょう!

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談