刺激も顔ニキビの原因に!できやすい場所とケア方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

刺激も顔ニキビの原因に!
できやすい場所とケア方法

顔にニキビができると、鏡を見るのも憂鬱になってしまいますよね。
実はそのニキビは、できる場所によって発生原因が違うってご存じでしたか?
意外と見落としがちな原因を知って、正しいニキビケアを行っていきましょう。


顔ニキビができやすい場所と発生原因

・髪の生え際
髪の生え際は、洗顔料やシャンプーのすすぎ残しが原因でニキビが発生します。
髪の毛先で皮膚が刺激されてニキビができることもあります。

・Tゾーン
Tゾーンは皮脂分泌量が多いことが、ニキビ発生の一番の原因です。
しかしおでこは、前髪の刺激によってニキビができる場合も。
また、鼻に触れるクセがあると、刺激と雑菌の付着によってニキビができやすくなります。

・頬・フェイスライン
頬やフェイスラインのニキビは、ホルモンバランスの乱れや乾燥によって発生します。
男性ホルモンが増えたり、肌の保湿が不足していると、皮膚が硬くなって毛穴が詰まりやすくなるのです。
ただし不衛生な寝具を使っていたり、頬杖などのクセがある場合も、雑菌が付いてニキビができてしまいます。

・口周り
口周りのニキ
ビには、胃腸の不調が深く関係していると言われています。 暴飲暴食などで胃腸に負担がかかると、口周りの皮膚が荒れてニキビができやすくなるのです。

注目して見ていただきたいのは、皮膚に対する刺激もニキビの原因になること。
ニキビは皮脂が多い部分だけにできるのではなく、刺激が加わりやすい部分にもできやすいのです。
つまりニキビを予防・改善するためには、清潔にすることや保湿することだけでなく、刺激を加えないことも重要と言えるでしょう。


刺激が原因でニキビのケア方法

・肌に触れる時間は必要最低限に
頬杖を付いたり顔を掻いたり、肌に触れる癖がある人は意外と多いはず。
しかし、その小さな刺激すら肌には負担となり、ニキビや肌荒れの原因になってしまうこともあります。
できるだけ意識を働かせて、肌に触れるクセをくり返さないようにしましょう。
なお、姿勢が悪いと頬杖をしやすくなるので、姿勢を正すことも心がけましょう。

・スキンケアは徹底して優しく
肌に触れないことが大切とは言え、スキンケアを全くしないのはNG。
洗顔をして肌を清潔にすること、そして保湿をして肌に潤いを与えることも、ニキビの予防や改善には必要不可欠なのです。
ただし洗顔時は泡をクッションにして肌をこすらず、化粧品をつける時はハンドプレスで優しくなじませるようにしましょう。

・肌に優しい素材のタオルや寝具を使用する
肌に触れるタオルや寝具がゴワゴワしているものだと、肌に刺激を与えてしまいます。
タオルは超長綿などの柔らかいもの、寝具はシルクなどのツルツルしたものを選んで、肌に与える刺激を最小限に抑えましょう。
また、寝具が汚れていても肌の上で菌が繁殖し、ニキビの原因になることがあります。シーツやまくらは頻繁に洗濯するように気を付けましょう。

ニキビは一度出来てしまうと炎症を起こして痕に残ってしまったり、何度も繰りかえすことも少なくありません。
まずは発生を防ぐために、予防対策を徹底していきましょう。

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休