くり返すニキビは「ストレス」が原因……予防する方法とは。脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

くり返すニキビは
「ストレス」が原因……
予防する方法とは

精神的ストレスとニキビには、一見何の関係性もないように思えますよね。 しかし過剰なストレスはホルモンバランスの乱れを招くため、ニキビなどの肌トラブルも引き起こしてしまいます。 では、ストレスはどのようなメカニズムでニキビを招くのか、予防法とあわせてご紹介します。


ストレスでニキビができるメカニズム

私たちは過剰な精神的ストレスを抱えると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
常に心身が緊張状態になり、交感神経が過敏になってしまうのです。
そうなると、副腎皮質から男性ホルモンが多く分泌され、ホルモンバランスも乱れていきます。男性ホルモンが優位になると肌が硬くなったり、皮脂の分泌が増えるため、ニキビができやすくなるのです。
ちなみにストレスニキビは口の周りやフェイスラインにできやすいと言われています。
この部分に集中してニキビができる人は、スキンケアだけでなく、精神面のケアも同時に行っていきましょう。


ストレスニキビを予防するには

ストレスニキビの原因はその名の通りストレスですから、精神的ダメージを極力避けることで防ぐことができます。
しかし人間関係や仕事にストレスはつきもので、避けようとしても限界がありますよね。
無理に避けようと頑張るのではなく、下記のような方法で自律神経やホルモンバランスを整えて、余裕のある精神状態を作っていきましょう。

・腹式呼吸をする
ゆっくりと腹式呼吸をすると、副交感神経が優位になってリラックスすることができます。
鼻からゆっくりと息を吸ってお腹をふくらませたら、口からゆっくりと息を吐いてお腹をへこませましょう。
吸って吐いてを10回1セットとして、休憩時間や通勤中に1日3セットほど行うと効果的です。
緊張した時、ストレスを感じた時にもおすすめですよ。

・38~40℃のぬるめのお湯で入浴する
入浴にもリラックス効果があり、乱れた自律神経を整える効果があります。
しかし熱すぎるお湯に浸かるのは、体を緊張させてしまうためNG。
38~40℃のぬるめのお湯で、20分ほど時間をかけてゆったり気持ちよく入浴しましょう。

・有酸素運動をする
有酸素運動をしている最中は交感神経が優位になりますが、その後は副交感神経が働いて自律神経のバランスが整います。
ウォーキングやジョギングなど、自分が気持ちいいと思える運動を取り入れてみてくださいね。
運動をすると血液循環が良くなるため、肌質を改善する効果も期待できます。

・生活リズムを整える
規則正しい生活を送ると、自律神経の乱れを整えることができます。
朝は決まった時間に起きて活動し、夜は程よい疲れで眠りにつけるような生活を送りましょう。
しっかりと睡眠をとることで、ホルモンバランスや肌質も改善されていきますよ。

ニキビは、ストレスだけでなく乾燥や食生活でもできてしまう「お肌のSOS」ともいえる肌トラブルです。
しっかりとケアをして根本からニキビを防ぐためにも、ストレス対策をしていきましょう。

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休