正しく呼吸していますか? 「鼻呼吸」でニキビを改善しよう。脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

正しく呼吸していますか?
「鼻呼吸」で
ニキビを改善しよう

どんなにスキンケアに気を配って肌を清潔にしていても、食生活に気をつけてバランスの良い食事をとっていても、気が付くとポツリと姿を現すニキビ。
一度できると治るまでに時間がかかり、炎症を起こすと跡に残ってしまう可能性もあるため、ニキビだといっても油断することはできません。しかし、スキンケアや生活習慣に気をつけているのに、ニキビができてしまうと「原因は何だろう……?」と疑問に思いますよね。
もし、ニキビができる原因に心当たりがないという方がいたら、普段の“呼吸法”に注目してみましょう。もしかすると、無意識のうちに行っている呼吸が原因でニキビができているかもしれません。今回は、呼吸法とニキビの関係についてご紹介いたします。


普段はどのような呼吸法をしていますか?

無意識のうちに行っているまばたきのように、呼吸も無意識の中で行っているもの。
一般的に、理想的な呼吸法だといわれているのは、鼻から空気を吸って鼻か口からはき出す“鼻呼吸”です。
しかし、中には何らかの理由から口で空気を吸い込み口で吐き出すという“口呼吸”が癖になっている方もいるでしょう。口呼吸は、鼻呼吸に比べると体への悪影響があると考えられていて、口臭や虫歯の原因になったり、風邪を引きやすい体になるとも言われています。
さらに、口呼吸は女性にとっての大敵である“ニキビ”の原因になることも。一体なぜ口呼吸がニキビを引き起こすのか、その気になる理由について見ていきましょう。


口呼吸がニキビの原因になる理由とは?

・空気中のホコリなどを直接体内取り込んでしまうため
鼻呼吸の場合には、鼻毛や鼻水が空気中のウイルスやホコリを阻止し、空気清浄器のような働きをしてくれるため、体内に空気中の汚れが侵入するのを防いでくれます。
しかし、口呼吸の場合には何も防ぐものがないため、空気中の汚れなどがそのまま体内に入ってしまいます。すると、体内では老廃物になるため排出が必要になりますが、肌の状態が悪いと上手く排出できず、毛穴に詰まって肌荒れを起こしてしまうのです。このことからも、「いくらスキンケアで清潔にしていてもニキビができてしまう」という状態は、口呼吸が大きな原因になっていたということが分かります。

・白血球が減って免疫力が低下する
口呼吸によって空気中の汚れがそのまま体内に入ると、白血球を作る役割のある扁桃腺に汚れが付着して働きが低下し、白血球の数が減ってしまいます。
白血球は体の免疫力と大きなつながりがあるため、これが減ってしまうと体全体の免疫力が低下します。すると、普段の口呼吸に加えて、さらにウイルスや空気中の汚れなどが体内に取り込まれやすくなり、それを排除する働きも弱まるため体調を崩したり肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

・口呼吸で体内が乾き、水分不足になってしまう
口呼吸をしていると、口の中から唾液が蒸発しやすくなって口内が乾燥することはもちろん、体内の水分までもが逃げやすくなってしまいます。
体内の水分が逃げてしまえば、肌も乾燥気味になるのは当然のこと。肌の乾燥は、肌のバリア機能を低下させたり毛穴詰まりの原因になるため、ニキビができやすい状態だといえるでしょう。


鼻呼吸に切り替えてニキビを防ごう!

口呼吸によるニキビを防ぐためには、呼吸法を鼻呼吸に切り替えることが大切です。
しかし、呼吸は無意識の中で行っているため、今日から鼻呼吸へ改善しようと思ってもすぐに切り替わるものではありません。
「気が付いたら口呼吸になっていた……」という状態になっても決して諦めず、コツコツと鼻呼吸を心掛ける努力を重ねていきましょう。
改善するためのコツは、とにかく意識をして口を閉じておくこと。慣れるまでは息苦しく感じることもあるかもしれませんが、ニキビ改善のためにはとても大切な意識です。
また、1日の空いた時間で鼻呼吸トレーニングを取り入れるのもおすすめの方法です。
5秒かけてゆっくりと鼻で息を吸い、また5秒かけてゆっくりと鼻から息を出します。これを1日の中で数回取り入れることで、次第に鼻呼吸にも慣れていくでしょう。

 

たくさんのデメリットがある口呼吸ですが、普段から運動をよくする方や片側の歯だけで食べ物を噛む癖がある方などは、普段も口呼吸になりがちだと言われています。
ニキビ悩みを解決するためにも、普段から鼻呼吸を意識して肌にも体にも優しい呼吸を身に着けましょう。

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休