BBクリームでニキビが悪化する理由と対策方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック

ニキビコラム

BBクリームで
ニキビが悪化する
理由と対策方法

オールインワンタイプの化粧品の代表格と言える「BBクリーム」は、日焼け止めや美容クリーム、化粧下地、ファンデーションなどの機能を1つで果たしてくれる便利なアイテムです。優れた機能を持つ上にカバー力や保湿力もあるため、多くの女性から支持されています。
しかし、肌が荒れているときにBBクリームを使うと、肌荒れやニキビが悪化してしまうことも……。一見、肌によさそうなBBクリームですが、一体なぜニキビ悪化の原因になると言われているのでしょうか。対策方法とあわせてご紹介いたします。


BBクリームでニキビが悪化する理由

・成分による影響
製品によっても異なりますが、一般的なBBクリームには美容成分が含まれているため、肌をしっとりと整えてくれます。
しかしその一方で、多くのBBクリームには合成界面活性剤や防腐剤など、肌に悪影響を与える成分も含まれています。そのため、肌のバリア機能が弱っているときにBBクリームを使用すると、肌荒れやニキビが悪化する恐れがあるのです。

・油分による影響
BBクリームは、伸びがよく肌馴染みがいいものが多いですが、これは油分が多く含まれているため。油分が多いBBクリームを肌にたくさん塗ってしまうと、毛穴を詰まらせたり、ニキビの炎症を引き起こすアクネ菌のエサになります。
すでにニキビがあるときや、ニキビができそうなときにBBクリームを使うと、症状をこじらせてしまう恐れがあるため注意が必要です。

・紫外線吸収剤による影響
BBクリームには日焼け止めの効果もあるため、日々の紫外線対策に有効なアイテムです。 しかし、紫外線をカットする成分にも要注意。
化粧品に含まれるUVカット成分は、大きく分けて2つに分類できます。
まず1つが、優れたUVカット効果を持つ「紫外線吸収剤」です。紫外線吸収剤はその名の通り、紫外線を肌の上で吸収しますが、その化学反応によって肌に刺激を与える恐れがあります。
そしてもう1つが、鏡のように紫外線を肌の上で反射する「紫外線散乱剤」です。
こちらは肌への刺激が少なく、ニキビに与える影響も少ないと言われています。
つまり、肌やニキビへの負担を減らすためには、紫外線吸収剤未使用の化粧品を選ぶことが重要になりますが、BBクリームの中には紫外線吸収剤が使われている製品もあります。 この影響で肌が荒れたり、ニキビが悪化してしまうことがあるのです。


ニキビの悪化を防ぐBBクリームの選び方・使い方

・ニキビに負担を与えないBBクリームを選ぶ
BBクリームのパッケージなどに「ノンコメドジェニックテスト済み」という文字が書かれているものは、ニキビに影響を与えにくいと言えます。
コメドとは、毛穴が詰まった状態のことを指していて、いわばニキビの第一段階のこと。
ノンコメドジェニックテスト済みと表示されているものは、ニキビができにくい成分を使っている化粧品という証明になります。
もちろん全ての使用者にコメドができないというわけではありませんが、BBクリームを選ぶ際の1つの基準として覚えておきましょう。

・紫外線吸収剤不使用のBBクリームを選ぶ
先述している通り、紫外線吸収剤は肌に負担をかける恐れがあります。
BBクリームを選ぶ際は、紫外線吸収剤未使用のものを選ぶことをおすすめします。
紫外線吸収剤未使用のアイテムには「紫外線吸収剤フリー」「ケミカルフリー」などと表示されているため要チェックです。

・BBクリームを頻繁に使用しない
肌に優しい処方のBBクリームであっても、頻繁に使用していれば少なからず肌や毛穴に負担を与えてしまいます。
とくに、ニキビができているときは悪化の恐れもあるため、できるだけBBクリームの使用を避けることが大切です。普段のメイクでは肌への負担が少ないパウダータイプのミネラルファンデーションなどを使用し、しっかりとカバーしたいときにだけBBクリームを活用しましょう。

・清潔な手やスポンジ、ブラシで塗る
BBクリームを肌に塗るときは手やスポンジ、ブラシなどを使用するのが一般的ですが、これらが汚れていると、雑菌が肌に付着してニキビが悪化する原因になります。
化粧前には必ず手を石鹸で洗い、スポンジやブラシは清潔に洗ったものを使用しましょう。

・クレンジングでしっかり落とす
BBクリームはカバー力があり、肌にしっかり密着してくれます。
しかしその分、落ちにくいという性質もあるため、洗い残しには注意が必要です。
肌に優しいクリームやミルククレンジングを使用し、入念に落とすようにしましょう。


1本でファンデーションや日焼け止めなどの役割を果たし、さらにカバー力のあるBBクリームは、忙しい朝に大活躍してくれるアイテムです。 しかし、毎日のようにBBクリームに頼っていると、ニキビを悪化させる恐れがあります。 頻繁な使用や長時間塗りっぱなしということがないよう注意し、健やかは肌をキープしていきましょう。

ニキビ治療メニュー

ニキビコラム メニュー


















PAGE
TOP
ニキビ治療の
詳細はこちら

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休