ニキビの種類をご案内|赤ニキビ

ニキビ治療・ニキビ跡治療

ニキビの種類|赤ニキビ

③赤ニキビ

赤ニキビ

アクネ菌の増殖により周辺組織・毛穴周辺が炎症を起こしている状態


赤ニキビは毛穴やそのまわりが炎症を起こしている赤く腫れた状態を指します。毛穴に皮脂や汚れがつまった白ニキビや黒ニキビを放置しておくと、毛穴の中でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こして赤ニキビへと悪化します。

さらに放置すると、炎症が進み、化膿ニキビへと悪化。

最終的に跡が残る可能性も高まります。人によっては痛みやかゆみを伴うこともあります。

原因

月経前になると黄体ホルモンの分泌が活発になり、皮脂の分泌量が増えます。さらにストレスや栄養の偏りなどによってターンオーバーが正常に機能しなくなると、肌に古い角質が溜まって皮膚がかたく厚くなり、次第に毛穴が塞がれていきます。この状態を角質肥厚といいます。これらは初期段階の白ニキビ・黒ニキビを発症させ、放置すると皮脂そのものによる刺激や細菌の繁殖によって炎症を起こし、赤ニキビへと悪化してしまうのです。

健康な肌、トラブル肌に関わらず、皮膚には表皮ブドウ球菌、アクネ菌が常に存在しています。どちらも脂肪を好むため、毛穴につまった皮脂を栄養として増殖します。その細菌によって皮脂が分解されると、代謝物によって周辺組織が刺激されて炎症を起こすのです。特にアクネ菌は空気を嫌うため、角質肥厚によって毛穴が塞がっていくほど繁殖しやすくなります。

悪化すると…

赤ニキビの炎症が悪化するとニキビは化膿し、ニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなります。ニキビ跡にできた凸凹は自然治癒できないため、人によっては一生の悩み続けるほど深刻なものになります。
それだけに炎症をおこす前に、できるだけ早く医師の診察を受けることをおすすめします。

症例写真

症例写真 症例写真

赤ニキビの症例写真

ニキビ・ニキビ跡治療 メニュー

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談