ニキビの種類をご案内|色素沈着

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
- +
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +
ニキビ治療・ニキビ跡治療

ニキビの種類|色素沈着

⑥色素沈着

色素沈着

ダメージ回復後にメラニン色素が増産され、肌の表面に沈着した状態


色素沈着とは肌に色素が沈着し、シミのように残ってしまうものです。

色素沈着には紫色になる場合と茶色くなる場合があります。

紫色になる色素沈着は、化膿や炎症が治った直後に見られ、血液中のヘモグロビンが影響しています。一方の茶色になる色素沈着はメラニンが原因です。

顔などの目立つ部分に色素沈着が残ってしまうとそれがストレスになり、それによってニキビが再発してしまうこともあるので、医師と相談の上、正しい治療・ケアを行ってください。

原因

紫色になる色素沈着は、炎症や化膿によって肌の奥にある毛細血管が破壊された場合におこります。毛細血管が破壊されると出血が起こり、血液の中のヘモグロビンである紫色が肌に残ってしまうのです。さらに時間が経つと徐々に茶色に変化していきます。

一方の茶色くなる色素沈着はメラニンが原因です。炎症や化膿が起こると肌の細胞を守るためにたくさんのメラニンが生成されますが、ニキビによって細胞が壊れている状態では肌のターンオーバーが正常に行われないため、メラニンが肌の中に残ってしまうのです。

悪化すると…

肌のターンオーバーが正常であれば徐々に薄くなっていきますが、ケアを間違ったり、肌の機能が 低下したりすることで長期間残ってしまうこともあります。それを放置しておくと、シミとして定着してしまいます。

症例写真

症例写真 症例写真

ニキビ跡(色素沈着)の症例写真

ニキビ・ニキビ跡治療 メニュー

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
- +
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談