ニキビ跡の治療のご案内


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談
ニキビ跡治療

患者さまより選ばれ続けて16年
フェミークリニックの
ニキビ跡治療

せっかくニキビ治療を受け改善したにもかかわらず、ニキビ跡が残ってしまうことで悩む方は少なくありません。患者さまの目指すゴールは“ニキビもニキビ跡も残さない、メイクで隠さない素肌づくり”ではないでしょうか。

フェミークリニックでは、患者さまの目指すゴールを医師・スタッフも共有し、患者さまが心から笑顔になる素肌づくりをしてきたいと考えております。

日常のスキンケアもサポート

美肌効果を持続させるためにはスキンケアや食生活も重要です。

医師の診察により、患者さま一人一人の症状に合った内服・外服薬を、過去の症例と照らし合わせながら処方いたします。

ニキビ跡治療に加え内側からもケアすることで、より早い肌質改善効果が期待できます。
また、まちがったスキンケアは症状の改善を遅らせる要因にもなりかねません。正しいスキンケアのアドバイスなど含め、安心してお通いいただけるようしっかりとサポートさせて頂きます。小さな事でも構いませんのでいつでもご相談ください。

ニキビ跡についての解説と治療法などをご紹介いたします。
ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それぞれにあった治療を選択することが大切です。

ニキビ跡の種類一覧

ひと口にニキビといってもさまざまな種類があり、症状や原因は異なります。ここではそれぞれについて解説するとともに、フェミークリニックでの治療方法についてご紹介します。

①ニキビ跡の赤み

ニキビ跡の赤み

表面の炎症が落ち着いたものの、内部に残った炎症で赤みがひかない状態


炎症を起こした赤ニキビや、さらに炎症が悪化して化膿した化膿ニキビ発症すると、症状がおさまっても赤みがひかない場合があります。

原因

ニキビの赤みが残ってしまう原因は、肌の内部に炎症が残っている場合、さらに皮膚の中でおこった炎症によって周囲にうっ血が起こる場合の2つがあります。

肌のターンオーバーが正常に機能していれば徐々に薄くなっていき2ヶ月ほどで消失しますが、ターンオーバーに問題があると、なかなか消えず、そのまま跡が残ってしまうこともあります。

悪化すると…

肌のターンオーバーが正常であれば徐々に薄くなっていきますが、ケアを間違ったり、肌の機能が 低下したりすることで長期間残ってしまうこともあります。それを放置しておくと、シミとして定着してしまいます。

②色素沈着

色素沈着

ダメージ回復後にメラニン色素が増産され、肌の表面に沈着した状態


色素沈着とは肌に色素が沈着し、シミのように残ってしまうものです。

色素沈着には紫色になる場合と茶色くなる場合があります。

紫色になる色素沈着は、化膿や炎症が治った直後に見られ、血液中のヘモグロビンが影響しています。一方の茶色になる色素沈着はメラニンが原因です。

顔などの目立つ部分に色素沈着が残ってしまうとそれがストレスになり、それによってニキビが再発してしまうこともあるので、医師と相談の上、正しい治療・ケアを行ってください。

原因

紫色になる色素沈着は、炎症や化膿によって肌の奥にある毛細血管が破壊された場合におこります。毛細血管が破壊されると出血が起こり、血液の中のヘモグロビンである紫色が肌に残ってしまうのです。さらに時間が経つと徐々に茶色に変化していきます。

一方の茶色くなる色素沈着はメラニンが原因です。炎症や化膿が起こると肌の細胞を守るためにたくさんのメラニンが生成されますが、ニキビによって細胞が壊れている状態では肌のターンオーバーが正常に行われないため、メラニンが肌の中に残ってしまうのです。

悪化すると…

肌のターンオーバーが正常であれば徐々に薄くなっていきますが、ケアを間違ったり、肌の機能が 低下したりすることで長期間残ってしまうこともあります。それを放置しておくと、シミとして定着してしまいます。

③ニキビ跡(クレーター/凸凹)

ニキビ跡(クレーター/凸凹)

炎症により皮膚細胞が壊れ、新しい皮膚が正常につくられない状態


ニキビは炎症・化膿すると真皮層にまでダメージをおよぼします。

炎症によって周囲の皮膚細胞が破壊され弾力を失うとクレーターのような陥没や凸凹など、肌表面にさまざまな状態が現れます。この状態になると肌の再生・回復する機能が失われているため、自然な回復を望むのは難しくなります。

原因

赤ニキビ、化膿ニキビまで進行すると、免疫反応によって白血球が過剰に働き、皮膚の細胞を壊して炎症・化膿を抑えようとします。これによって真皮層の機能が失われると、肌が弾力を保てずに凹みが生じます。

また、ニキビの炎症は組織が収縮させるため、症状自体がおさまってもクレーターができてしまうのです。

ニキビ跡治療のセット料金


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談