コラム シミが出来やすい人って本当に居るの?。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

シミが出来やすい人って本当に居るの?

加齢や紫外線の影響によってシミができてしまうことはありますが、体質でシミができやすい人とそうでない人がいる、ともいわれています。
また先天的にシミができやすい体質の人と、後天性によってシミができやすくなってしまったという人もいます。
そこで今回は、シミができやすい人の特徴について紹介します。
自分は当てはまるのかを知るところから始めましょう。


先天的にシミができやすい人は?

生まれつきシミができやすいというケースは珍しくありません。
いくつか特徴があるので、セルフチェックをしてみましょう。
・色白である
・日焼けをすると赤くなったり水ぶくれになりやすい
・赤みが引くまでに時間がかかる
・虫刺されがひどくなることが多い
・虫刺されの跡が残りやすい
当てはまる項目が多い人ほどシミができやすいと考えらえます。
色白の人は肌を守るためにメラニン色素を過剰に生成します。
外部からの刺激にも敏感、さらに肌細胞の回復までに時間がかかることがシミにつながります。


後天的にシミができやすい人は?

もともと体質でシミができやすいという人もいますが、過ごしている環境によってシミができやすくなってしまうこともあります。
・外で活動することが多い
・生活のリズムが乱れがち
・紫外線対策を行っていない
・スキンケア不足で肌が乾燥気味
・脂質や糖分を摂りすぎている
こういった生活をしていると、シミの生成を助長してしまいます。
特に紫外線対策は大きなポイントになります。
ちょっとだけだからと日焼け止めを塗らずに外に出てしまうことも。それが毎日になればどんどんとダメージが蓄積されていくでしょう。


スキンケアとUVケアを!

先天的、後天的どちらであってもシミ対策として大切なのは、丁寧なスキンケアと紫外線対策です。
肌が乾燥していると肌のターンオーバーが乱れ、シミが残りやすくなってしまいます。
紫外線を浴びて疲れた肌には、たっぷりの水分と油分を与えましょう。
また、紫外線対策を日ごろからしっかりと行うことも大切です。
「ゴミ捨てに行くだけだから」「洗濯物を干すだけだから」といった油断は大敵です。
短時間でも外出するときは日焼け止めを塗ることでシミを防ぎます。
また、室内にいても紫外線は容赦なく降り注いでいます。
明るい室内や大きな窓のそばにいることが多い人は、「室内だから大丈夫!」と思わずに、しっかりと日焼け止めを塗りましょう。
朝のスキンケアの時に、腕や足にも日焼け止めを塗る習慣をつけるようにすると安心ですね!

日々の積み重ねが数年後の肌を大きく左右します。
こまめに日焼け止めを塗り直して、肌へのダメージを減らしましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休