自分でケアできる? できない? シミの種類と見分け方。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

自分でケアできる?
できない?
シミの種類と見分け方

シミにはセルフケアで「消せるもの」と「消せないもの」があるってご存じでしたか? そのため、今できているシミを消したいと考えているなら、シミの種類と有効なケア方法・治療法を知っておくことが大切です。 正しく的確な手段を選ぶために、それぞれのシミの特徴を詳しく探ってみましょう。


シミの種類・見分け方

≪老人性色素班≫
老人性色素斑とは、紫外線を浴びたことによって作られてしまうシミのこと。
「紫外線対策を行いましょう」とよく言われるのは、この老人性色素斑を防ぐためでもあるのです。
なお、若いころ日焼け止めを塗らずに屋外活動をしていた人は、老人性色素斑ができやすい傾向があります。

老人性色素斑のシミには段階があり、できてすぐのシミは輪郭がはっきりしておらず、薄い茶褐色をしています。
この段階の場合は美白美容液などでセルフケアを続ければ、シミが薄くなる可能性があります。
しかし、できてから時間が経っているような濃い茶褐色のシミの場合、セルフケアで消すのは難しくなります。
この場合は専門機関でのレーザー治療が有効と言えるでしょう。

≪肝斑≫
肝斑とは30~40代の女性に多く見られるシミで、ホルモンバランスの乱れが発症の原因と言われています。
シミ1つ1つは輪郭がはっきりしておらず、左右の頬骨にそってモヤッと広がるようにできるのが特徴です。

肝斑の場合、スキンケアではなく「トラネキサム酸」の内服治療が効果的です。
レーザー治療を行うと、かえって悪化する恐れがあるので注意しましょう。

≪摩擦によるシミ≫
意外と知られていませんが、摩擦によってできるシミも存在します。
肌を強くこすることで炎症が発生し、皮膚の防御反応としてシミができてしまうのです。
見た目は肝斑に似ていて、皮膚が薄い場所に細かくできるのが特徴です。

摩擦によるシミの場合は、肌に刺激を与えないことで薄くなっていきます。
肌をゴシゴシとこする癖がある方は、優しいお手入れを心がけましょう。
特にコットンは表面がデコボコしているので、使用の際は強く力を入れないことが大切です。

≪ニキビ跡のシミ≫
炎症の酷いニキビができると、シミのようなニキビ跡が残ることがあります。
これは炎症が長引いた際に活性酸素が発生し、シミの元となるメラニンが作られてしまうためです。

ニキビ跡のシミにも段階があり、できてすぐは赤っぽく、時間が経つと茶褐色に変化していきます。
赤~薄い茶色のシミであれば消えやすいので、美白化粧品を使って丁寧なケアを続けましょう。

シミは自分でケアできるものもあれば、専門医の治療を必要とする場合があります。
できたシミの原因がどのようなものなのかしっかりと見極めて適切なケアを行いましょう。
シミの原因が分からない場合は、クリニックなどに相談することをおすすめします。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休