シミを治療する? トレチノイン・ハイドロキノン治療とは

シミコラム

シミを治療する?
トレチノイン・ハイドロキノン治療とは

皮膚科でシミを治療する際には、トレチノインとハイドロキノンの軟膏が使われることがあります。
しかしこれらはあくまでも薬のため、使用の際は細心の注意が必要になります。
どのような注意点があるのかをチェックし、自分に合った治療法かどうか判断してみましょう。


トレチノインとは?

トレチノインとはビタミンA誘導体の一種で、ビタミンAの約50~100倍の作用があると言われています。
なお、トレチノインがシミの治療に有効とされているのは、下記のような効果があるためです。
・古い角質を取り除くピーリング効果
・細胞のターンオーバーを促進してメラニンを排出させる効果


ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは“肌の漂白剤”と呼ばれるほど、美白作用の高い塗り薬です。
ハイドロキノンには下記のような効果があり、これからできるシミを予防する働きもあります。
・今あるメラニン色素を除去する効果
・メラニン色素を作るメラノサイトの働きを抑える効果

シミ治療のためには上記のトレチノインとハイドロキノンの軟膏を併用して使うのが一般的です。


トレチノイン・ハイドロキノン治療はどれくらいで効果が現れる?

効果のあらわれ方には個人差がありますが、およそ3ヶ月でシミが薄くなると言われています。
ただし肝斑の場合は、治療にやや時間がかかります。
比較的早く効果が現れるのは、「紫外線によってできたシミ」「ニキビ跡のシミ」「そばかす」などです。


トレチノイン・ハイドロキノン治療の注意点

・使用法を守らないとかえってシミになる
トレチノインとハイドロキノンは効果が高い分、使用法には細心の注意が必要です。
誤って使うとかえってシミができたり、肌の一部が白くなる白斑ができてしまう恐れがあります。
必ず医師や薬剤師に使用法を詳しく聞いて、慎重に使うようにしましょう。

・治療開始直後は赤みや乾燥を伴うことも
トレチノインとハイドロキノンを使い始めると、肌が赤くなって角質が剥がれやすくなります。
乾燥やヒリヒリ感を伴うことも多く、化粧ノリが一時的に悪くなります。
治療を進めていけば徐々に収まっていきますが、赤みを出したくない時は治療自体を避けたほうが無難です。

先に紹介したような注意点に不安を感じる方は、まずクリニックや美容皮膚科に相談して薬品を使用するかどうかのアドバイスを受けましょう。クリニックなどでは肌に急激な変化を与えずに、安全に治療をすることができます。
自分のライフサイクルに合った美白ケアを選択し、シミの目立たない美肌を手に入れていきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休