レモンを使った美容法は「シミ」を悪化させるってホント?脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

レモンを使った美容法は
「シミ」を悪化させるってホント?

シミは加齢と共に増えてしまうというイメージがありますが、実は発生の原因は老化だけではありません。普段肌にいいと思ってやっているスキンケアが原因で、シミを悪化させてしまっていることもあるのです。
その一つに、レモンが挙げられるとご存知でしょうか。「レモンは漂白作用があるから、美肌につながる」「ビタミンCが豊富なレモンはソバカスに良い」と言われていますが、実はシミ対策においては逆効果になってしまうという噂も……。
なぜレモンを食べるとシミになると言われているのでしょうか?


なぜレモンはシミ対策にNGなの!?

ビタミンCをしっかり摂ると、肌のターンオーバーが促進されてきれいな肌に生まれ変わるということはご存知の方も多いでしょう。レモンもビタミンCが豊富な果物ですから、ターンオーバーを促進するためにはいい食べ物と言えます。
ただし、レモンには「ソラレン」という紫外線の感受性を高めてしまう光毒性物質が含まれています。
このソラレンをたくさん摂取することで、本来浴びた紫外線量よりも、もっとたくさんの紫外線を浴びたと肌が勘違いしてしまいシミをどんどん作り出してしまうのです。


レモンパックは実は肌に悪い?

数年前、ビタミンCが肌にいいからとレモンパックが流行ったことがありました。しかし、のちにレモンはシミ対策に逆効果ということがわかり、それ以来レモンパックはほとんど売られていません。もし、現在もパックを行っているのであれば、肌への影響を考えて使用を控えることをおすすめします。


夜のレモンはかえって肌に良い

レモンはシミ対策に逆効果だと言いましたが、絶対に食べちゃダメ!というわけではありません。紫外線の感受性を高めるソラレンは、摂取してから2時間後に肌への影響がピークを迎え、8時間後には体の外へと排出されます。ですから、夜にレモンを食べる分には問題ないのです。
朝や昼などこれから外に出かけるというときには、レモンの摂取は極力控え、極力肌に影響のない夜に摂取するようにしましょう。レモンだけでなく、ソラレンが含まれるオレンジやグレープフルーツなどの柑橘類やきゅうり、セロリなども食べる時間帯を選ぶことをおすすめします。

女性に大人気のレモンは、さまざまな食材とも相性が良く料理やスイーツの種類も増えています。ビタミンCが効率よく摂取できるので、健康の面で考えるともちろんレモンは食べるべきなのですが、食べる時間帯には十分注意してください。
ビタミンCは寝ている間に肌に染み渡らせるものだと考えておきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休