「花弁状色素斑」ができる原因と改善するコツ。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

「花弁状色素斑」が
できる原因と
改善するコツ

「花弁状色素斑」という言葉を聞いたことがありますか?花弁状色素斑とは、強烈な紫外線を浴びたり、日焼けを繰り返すことによってできる花びら状のシミのこと。背中や肩にできやすいため気づかないことも多いようです。また、日焼けをすると肌が赤くなるという人は、花弁状色素斑ができやすいとも言われています。
そしてこの花弁状色素斑は、「数年後に発症する」こともある厄介なシミです。
花弁状色素斑予防の方法とケア方法を知っておきましょう。


もし花弁状色素斑ができてしまったら?

花弁状色素斑ができてしまった時のケアで大切なのは、後回しにせずすぐにケアをすること。
ハイドロキノンやフラーレン、ビタミンC誘導体などの成分が配合されている化粧品を使うなど、お肌へたくさん栄養分を補給してあげてください。
花弁状色素斑は、時間が経てば自然に薄くなることもありますが、きちんとケアをしないといつまでも残ってしまう可能性もあります。
今ある花弁状色素斑を悪化させないためにも、生活習慣を正して肌の成長を手助けするなど基礎的なスキンケアを徹底して行いましょう。

しかし、花弁状色素斑はセルフケアで消すには時間がかかりますし、頑張ってケアを続けても効果が見られないこともあります。セルフケアでどうにもならないときは、エステサロンに行って相談してみてもいいでしょう。
セルフケアでもサロンでの施術でも、花弁状色素斑ができてしまったら素早くケアをすることが大切です。消えないシミになってしまう前に、できるだけ早く手を打ってくださいね!

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休