「花弁状色素斑」ができる原因と改善するコツ。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

「花弁状色素斑」ができる
原因と改善するコツ

「シミは年を重ねるごとにできやすくなると言いますが、具体的には何歳からでき始めるかご存じですか?
透明感のある肌をできるだけ長く維持していくために、シミができ始める年齢について詳しく知っておきましょう。
今回は、シミが出来る年齢と予防方法についてご紹介します。


シミが表面に現れるのは30代から?

シミができ始める年齢は一人一人違いますが、一般的に30代からできはじめる女性が多いとされています。
その理由として、30代はホルモンバランスの変化が挙げられます。
30代になると、徐々に女性ホルモンの分泌量が低下し、肌が乾燥しやすくなったり、ターンオーバーが乱れがちになるのは有名な話。
その結果、メラニン色素が肌に残りやすくなり、シミが肌表面に現れてしまうのです。
また、妊娠や育児を経験すると、さらにホルモンバランスが変わります。
それがストレスとなったり、体内の黄体ホルモンが増えることで、シミが形成されやすくなるのです。
そして~20代の間に肌に蓄積された紫外線などがシミとなって出てくるのも、30代からと言われています。


シミの原因は20代から蓄積している!

上記でお話した通り、シミの原因は20代の頃から蓄積されています。
特に紫外線対策を怠っていた人、偏った食生活や睡眠不足、ストレスの多い生活を続けていた人は要注意。
すでにシミの根源を肌の奥に持っていて、表面にシミが現れるのも時間の問題と言えるでしょう。
早い人では、20代からシミができることも少なくありません。


シミ対策は何歳から始めるべき?

・20代からシミ対策が必要!
今は若いから大丈夫、と思っていても、肌へのダメージは少しずつ蓄積されてしまいます。
将来シミだらけの肌にならないためにも、まずは今日から、シミ対策を徹底してきましょう。
日焼け止めや日除けグッズなどで紫外線対策をしたり、スキンケアに美白化粧品をプラスしてみてください。
20~30代の間にどれだけシミ対策をしていたかどうかで、未来の肌の透明度が大きく変わってくると言えますよ。

・シミ対策は保湿と一緒に
上でもお伝えしましたが、ホルモンバランスが変化すると肌の潤いが損なわれ、乾燥しやすくなります。
実は肌の乾燥も、シミを増やす原因になるもの。
紫外線対策だけでなく、洗顔後のスキンケアなどにも意識を向けることをおすすめすます。
肌に摩擦を与えるスキンケアや、皮脂を落としすぎる過度なスキンケアは避けてくださいね。

・体内のケアも忘れずに
シミを作らないためには、肌表面だけのケアでは不十分です。
バランスの良い食生活や睡眠が十分にとれる規則正しい生活を続けて、体の内側からシミができにくい肌を作っていきましょう。 体調が良くなると自然とホルモンバランスも整って、イキイキとした美肌を作ることができますよ。

「おばさんに見える肌」の代名詞とも言えるシミは、日頃からの継続したケアが欠かせません。
透き通る肌をキープするためにも、今日からシミ対策をはじめていきましょう!

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休