冬の紫外線こそ「シミ」を作る?! 今からはじめたい対策とは。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

冬の紫外線こそ「シミ」を作る?!
今からはじめたい対策とは

冬は夏と違って、日差しを感じにくい季節ですよね。
そのため、ついつい紫外線対策を怠ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
しかし、実は冬でも肌にダメージを与える紫外線は降り注いでいるため、対策を怠ればシミを増やす原因になってしまいます。
冬の紫外線とシミの関係性、そしてシミを作らないためのケア方法を詳しく探ってみましょう。


冬の紫外線こそシミの原因に?

地上に降り注いでいる紫外線には、日焼けを引き起こす「UVB」と、シミやシワなどの光老化を引き起こす「UVA」2つの種類があります。
冬は比較的UVBの量が少なくなりますが、UVAの量は1年を通じてそれほど変化がありません。
つまり、冬だからと言って紫外線対策を怠っていると、UVAの影響でシミが増えてしまうことになるのです。


曇っている日にも要注意!

UVAは雲やガラスを通り抜けるため、天気の良し悪しに関係なく私たちの肌にダメージを与えています。さらに、たとえ屋内にいても、日差しの差し込む窓の近くにいればUVAのダメージを受けてしまうのです。
「曇っているから大丈夫」「外に出ないから大丈夫」と油断せず、毎日しっかりと紫外線対策を行うことこそがシミを予防するための重要なポイントと言えるでしょう。

冬特有の肌トラブルもシミを招く

冬は紫外線だけではなく、暖房による乾燥や寒気による体の冷えにも注意が必要です。
肌が乾燥したり体が冷えたりしていると、肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。
ターンオーバーの乱れによって肌に残った古い角質には、シミの元となるメラニンが含まれているため、シミの定着を招いてしまうのです。


シミを作らない・増やさない! 冬のケア方法

・「冬でも日焼け止め」が基本
シミを作らないためには、冬でも欠かさずに日焼け止めを塗ることが大切です。 肌への負担が少ない日焼け止めや、UVカット効果のある化粧下地・ファンデーションなどを用いて紫外線をブロックしましょう。

・保湿ケアで冬の肌トラブルを防ぐ
しっかり保湿をすることで、古い角質の残りにくい柔らかな肌を作ることができます。
また、乾燥を防ぐことで肌のバリア機能も強化されるため、紫外線ダメージを受けにくい肌に整えられますよ。
保湿ケアには、コラーゲンやヒアルロン酸などの高保湿成分が含まれた化粧品がおすすめです。化粧水や美容液をつけた後は乳液やクリームの油分でフタをして、水分の蒸発を防いであげましょう。

・美白美容液をプラスする
シミの生成を防ぐためには、美白ケアも必要です。
先にお伝えした保湿化粧品に美白に効果的な美容液をプラスして、メラニンを増やさないためのケアを行いましょう。

・体を冷やさない
気温が低下する冬は、体を冷やさないよう特に注意する必要があります。
腹巻きやレッグウォーマーで防寒するのはもちろんのこと、入浴や運動で積極的に体を温めてあげましょう。
しょうがやネギなど、体を温める食材を食べることも肌トラブル予防につながりますよ。

意外にもシミの原因となる要素が多い冬。
「日差しが弱いから」と安心せずに紫外線対策をしっかりと行い、乾燥を防ぐ丁寧なスキンケアでシミを防いでいきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休