朝にフルーツを食べるとシミが増える?! その理由と対策方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

朝にフルーツを食べるとシミが増える?!
その理由と対策方法

美容や健康のために、朝食にフルーツを食べたり、スムージーを飲んだりしている女性は多いですよね。
しかし、フルーツや野菜の中には、朝食べることでシミのリスクを跳ね上げてしまうものがあるってご存知ですか?
気になるその理由と対策方法について、詳しく探ってみましょう。


朝のフルーツがシミを増やす原因に?!

ビタミン類が豊富に含まれているフルーツには、肌に嬉しいさまざまな効果が期待できます。
しかし、「ソラレン」という成分が多く含まれている一部のフルーツには注意が必要です。
光毒性のあるソラレンは、紫外線に過敏に反応することでメラニン細胞を刺激し、シミや炎症などのリスクを高めてしまいます。
上記の作用が高まるのは、ソラレンを摂取してから約2~5時間後。
つまり、ソラレンを含んだフルーツを朝食に食べれば、最も日差しが強くなる日中にソラレンの作用が高まってしまうことになるのです。


ソラレンが多く含まれているフルーツ&野菜

ソラレンが多く含まれているフルーツや野菜の主な種類は以下の通りです。

・レモン
・オレンジ
・みかん
・グレープフルーツ
・アセロラ
・いちじく
・きゅうり
・パセリ
・セロリ
・大葉
・クロレラ
・パクチー
・ブロッコリーの茎 など

ソラレンを含んだ食材は、意外にたくさんあることが分かりますよね。
オレンジやグレープフルーツなどは、朝食として食べている方も多いのではないでしょうか?
いずれもビタミンCの含有量が多く肌に良いとされているフルーツですが、食べる時間によってはシミの原因となってしまう可能性もあるのです。


ソラレンを多く含むフルーツは夕方以降に食べること

先ほどご紹介したように、ソラレンの作用は摂取後2~5時間後がピーク。その後は徐々に毒性が下がっていきます。
そのためソラレンを含む食材でも、日差しの弱まる夕方以降に食べればそれほど影響を受けることがありません。
ソラレンの豊富な食材にはビタミンCを含むものも多いため、夕方以降に積極的に摂取し、日中のダメージ回復に役立てましょう。


朝食におすすめの食材は?

朝食にフルーツや野菜を食べるなら、ソラレンの量が少ない食材が良いでしょう。
これまでソラレンを含んだ食材を食べていた方は、ソラレンが少なく、さらに美肌効果も期待できる以下の食材に切り替えていくことをおすすめめします。

・りんご
・バナナ
・いちご
・梨
・柿
・スイカ
・ぶどう
・もも
・トマト
・キャベツ
・レタス
・かぼちゃ
・大根
・ごぼう
・アボカド など

朝食べることでシミの原因になってしまう食材があるなんて驚きですよね。
食べる時間を工夫したり、別のものに切り替えたりすることで、シミのリスクを極力減らしていきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休