人目につきやすい手のシミに注意! 発生を防ぐためのケア方法は。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

人目につきやすい
手のシミに注意!
発生を防ぐための
ケア方法は

手の皮膚は比較的薄くてデリケートなため、シワやシミなどで年齢が出やすいと言われています。
特に手の甲のシミは目立つうえに、一度できるとセルフケアで消すことが難しいもの。
透明感のある美しい手肌を守るためにはどうしたら良いのか、詳しく探ってみましょう。


手の甲はシミができやすい部位?

皆さんは、朝のスキンケアの際に手の甲にまで日焼け止めを塗っていますか?
「メイク前に顔には塗るけど、手には塗ってない…」という方がほとんどではないでしょうか。
しかし、手の甲は袖口から露出しているため、意外と紫外線を浴びやすい場所。 屋外でも屋内でも手の甲を真上に向けていることも多く、直射日光が顔よりも当たりやすいのです。
それにも関わらず日焼け止めを塗っていなければ、シミができる一方ですよね。 しかも手肌は薄くて乾燥しやすいため、紫外線の影響でシワができやすいという特徴もあります。
「顔は白くてシワもなくハリもあるけど、手が老け込んでいるな…」と年齢を判断されるパーツにしてしまわないためにも、しっかりとケアをする必要があるんです。


今すぐ実践! 手の甲のシミ対策&ケア方法

日焼け止めをこまめに塗る
手の甲にシミを作らないためには、やはり日焼け止めを塗ることが基本です。
しかし朝に1回塗るだけでは、生活をしているうちにどんどんと落ちシミ予防効果は半減してしまいます。
手はトイレなどでこまめに洗ううえに、衣類や手同士の摩擦で日焼け止めが取れやすいのです。
ハンドケアの第一歩は、手を洗った後などに焼け止めを塗り直す習慣をつけること。
そして洗わない時でもUVカット効果を持続させるため、2~3時間おきに塗り直すことをおすすめします。

UV手袋を着用する
「手に日焼け止めを塗るのが億劫」、「こまめに塗り直すのを忘れてしまう」という人も少なくないはずです。
そんな方には、UV手袋の着用がおすすめです。
特に屋外にいる時、車の運転をする時、室内でも窓際にいる時は、手袋をして紫外線をブロックしましょう。
ただし手袋を外した時のうっかり日焼けには要注意。
万全にシミを防ぎたいなら、手袋と日焼け止めの併用を心がけましょう。

美白・保湿に特化したハンドクリームを使用する
手のシミを防ぐためには、保湿することも忘れてはいけません。
保湿を怠ると手の角質が乾燥して硬くなり、シミのもとであるメラニンが残りやすい肌質になってしまうためです。
手の保湿にはハンドクリームが有効ですが、美白成分が配合してあったり肌に浸透しやすいものを選ぶとさらにシミ予防に効果的です。
おやすみ前はもちろんのこと、日焼け止めを塗る前にもハンドクリームをつけておきましょう。
潤いのベールを作ることで、より紫外線ダメージを受けにくい手肌に整えられますよ。

いつまでも生き生きした素敵な女性でいるためには、フェイスケアだけではNG。
手はもちろん、首元や足元にも意識を向けて、どのパーツを見ても美しい女性を目指しましょう!

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休