冬の寒さや乾燥が「シミ」を招く!? 冬こそ行うべきスキンケア。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

冬の寒さや乾燥が
「シミ」を招く!?
冬こそ行うべき
スキンケア

冬には寒さや乾燥などのお悩みが多いため、ついシミケアのことは忘れがちですよね。
しかし、これこそが冬のシミを招く落とし穴。冬の特徴ともいえる寒さや乾燥などは、シミができやすい肌を作ってしまうのです。
また、冬には紫外線ケアに油断しがちですが、実は紫外線は1年を通して降り注いでいるもの。意外にも冬はシミができやすい季節ともいえるのです。そこで今回は、冬にこそ行うべくき「シミ対策」のためのスキンケア方法をご紹介いたします。


冬の環境がシミを作る!? その原因とは?

・空気の乾燥
カラッと乾いた冬の空気は、肌のうるおいを奪うもの。肌が乾燥状態になってしまうと、肌のバリア機能が低下して、摩擦や紫外線などの外部刺激によるダメージを受けやすくなります。また、肌が乾燥して角質層の水分量が失われると、肌表面のキメが乱れてさらにシミが目立ちやすくなってしまうという特徴も。肌の乾燥というと、ひび割れやカサつきなどをイメージしがちですが、実はシミの原因ともなるのです。

・気温の低下
冬の寒さによる体の冷えにも注意が必要です。体が冷えると、体の中では血行不良が起こって肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れます。すると、排出されるはずのメラニン色素が蓄積されてしまい、それが次第にシミとなって肌に出現します。
ターンオーバーの乱れはシミを作るだけでなく、改善させにくくもするため、シミ対策の大きな敵といえるでしょう。

・冬の紫外線
寒さや乾燥対策ばかりに気を取られて、つい忘れてしまうのが冬の製外線ですが、実は紫外線の1種であるUVAは、夏場の約半分程度の量が冬にも降り注いでいるといわれています。そのため、日焼け止めなどを塗らずに外に出てしまうと、知らぬ間に肌には紫外線ダメージが蓄積されてしまうのです。周知の事実ともいえるほど、紫外線はシミを作る大きな原因となるもの。冬だからといって油断せず、しっかりと対策をすることが大切です。


冬の間に行うべき「シミ対策」とは?

・念入りな保湿ケア
保湿ケアを行うときには、化粧水や乳液などを少しずつ塗り、時間をかけて肌に浸透させることが大切です。手のひらに適量を出し両手をあわせて温め、肌に染みこませるようにじっくりとハンドプレスを行いましょう。
また、週に1~2回程度の頻度で肌に優しいピーリングを行うのもおすすめです。ターンオーバーの乱れによって蓄積してしまった角質をピーリングによってオフすることで、化粧水や乳液などの成分の効果をより引き出すことができます。

・体を温める
冬の寒さによって凍えてしまった体は、毎日の入浴でじんわりとほぐしてあげましょう。
ゆったりと温かいお湯に浸かることで、体が温まり血行促進はもちろん、リラックス効果までも得ることができます。このとき、湯船に溜めるお湯は人肌程度のぬるま湯に設定するのがポイントです。ぬるめのお湯にじっくりと浸かって、体の表面だけでなく芯まで温めましょう。

・紫外線対策
冬でも外出の際には日焼け止めを塗ったり、帽子かぶったりと紫外線対策を行うことを心掛けてください。とはいえ、少しのお出掛け程度ならSPF50などの効果の高いものでなくてもOKです。メイク下地やファンデーションに紫外線カット効果のあるものを使ったり、SPF値やPA値が低めのものを上手に選んで、冬の紫外線対策を行いましょう。

シミに悩まされない透明感のある肌をキープするためには、油断しがちな冬にこそ念入りなケアが必要になります。スキンケアや紫外線対策などの外側のケアと、体を温めるという内側からのケアの2つを心掛けて、冬の寒さや乾燥などの厳しい環境に負けない肌作りをしていきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休