「シミ」と「肝斑」の違いって? それぞれの原因とケア方法とは。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

「シミ」と「肝斑」の
違いって?
それぞれの原因と
ケア方法とは

いつまでも若々しく美しくいたいというのは女性ならではの共通の願いですが、その思いとは裏腹に、ケアをしていても年を重ねるごとに肌の悩みは増えていくものです。
とくに、加齢とともに頬のシミに悩む女性は多く、日々のシミケアが欠かせないという方はたくさんいます。しかし、そのシミだと思っているものは、実はシミではなく「肝斑」かもしれません。肝斑という名前は聞いたことがあるけど、実際にはどんなものか知らないという方のために、シミと肝斑の違いや原因、それぞれのケア方法についてご紹介いたします。


「シミ」と「肝斑」の違いとは?

・もう一度おさらい! 「シミ」ってどんなもの?
女性にとって大敵ともいえるシミ。多くの方が悩んでいるからこそ、シミの原因やケア方法は有名ですよね。しかし、ここでもう一度簡単におさらいすると、シミの主な原因は紫外線です。これ以外にも摩擦や乾燥がありますが、多くの場合では紫外線を浴びたことによって肌の内側にメラニンが生成され、それが色素沈着してシミとなってしまうのです。
とはいえ、生成されたメラニンは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常に働いていれば、角質と一緒に排出されていくもの。しかし、加齢や生活習慣の乱れなどによってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが肌に残ってしまい、シミになってしまいます。
また、ターンオーバーがきちんと働いていても、排出できないほどの大量の紫外線を浴びてしまうと、シミになってしまうことがあります。

・シミとは違うの? 「肝斑」ってどんなもの?
主な原因が紫外線のシミに対し、肝斑の原因は女性ホルモンの働きやバランスの乱れだといわれています。肝斑は30~40代の女性に多く見られ、60代以上になってから出現するということはほぼないのが特徴です。妊娠やピルの服用などが引き金となって肝斑が出現する女性が多いことから、女性ホルモンとの関わりが大きいと考えられています。
もちろん、妊娠やピルの他にも、ストレスなどによる女性ホルモンのバランスの乱れが肝斑を招くことがあるため注意が必要です。
また、肝斑は閉経を迎えると、薄くなったり消えることがあるのも特徴の1つ。
閉経以外にも更年期の終わりくらいに肝斑の改善を感じる方が多く、年齢に表すと60歳前後くらいが多いようです。

・シミと肝斑の見分け方ってある?
シミと肝斑は原因が大きく異なっていますが、形状にも違いがあるため、見分け方のポイントを押さえることで、誰でも見分けることができます。
シミは、顔のいたるところにポツポツとできますが、肝斑は頬骨周辺や額、口の周辺に左右対称にできるのが特徴です。
また、肝斑はボヤっとした色合いも特徴で、広範囲に広がります。肌との境目や輪郭がハッキリとせず、もやっとしているのもシミとの見分け方の1つです。


シミと肝斑のそれぞれの治し方とは?

・シミの治し方
シミを改善するためには、日頃の紫外線対策に加えて丁寧なスキンケアを行うことが大切です。外出するときには日焼け止めを塗ったり日傘をさして、少しの紫外線も浴びないように注意しましょう。
朝晩のスキンケアを行うときには、肌に摩擦を与えないような優しい洗顔や保湿ケアを行うのがポイントです。肌に透明感を与えてくれる保湿効果の高いスキンケアアイテムを使用し、ハンドプレスを取り入れてじっくりと保湿ケアをしていきましょう。
また、規則正しい生活習慣や食生活、体の冷えの解消、ストレス発散なども心掛けて、ターンオーバーを整えることも忘れてはいけないポイント。湯船につかって体を温めたり、たっぷりと睡眠をとったりして、基本的な生活習慣を見直していくことが重要です。

・肝斑の治し方
肝斑の原因は、体の内側で起こっている女性ホルモンのバランスによるものですが、シミと同じように紫外線を浴びたり摩擦を与えると濃くなってしまう恐れがあります。
そのため、シミと同じように毎日の紫外線対策や保湿ケアはとても大切なポイントです。紫外線というと夏のイメージもありますが、秋や冬もしっかりと降り注いでいます。1年を通して十分な紫外線対策をしておきましょう。
また、肝斑を改善するためには、薬を服用するという方法もあります。しかし、この薬での治療方法は、長い期間が必要です。もっと早く肝斑を薄くしていきたいという場合には、美容クリニックで受けられるレーザー治療という方法もあります。
どんな方法が自分に合っているのかをじっくりと考えて、肝斑と向き合っていきましょう。

 

多くの女性を悩ませているシミと肝斑。
鏡を見るたびに自分の肌が気になってため息ばかりついていては、それがストレスとなってさらなるシミや肝斑を招いてしまいます。
対策と改善のためのケアをしっかりと行って、理想的な悩みゼロの肌を目指しましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休