シミが肌に現れるまでの過程とは?時間はどれくらい?脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
シミコラム

シミが肌に現れるまでの
過程とは?
時間はどれくらい?

透老け顔の原因となり、多くの女性が悩みを持っている「シミ」。
ふと鏡を見たときやメイクをしようとしたとき、新しいシミが出現していると気分も下がってしまいますよね。毎日欠かさずスキンケアをしていても、紫外線ケアをきちんと行っているつもりでも、なぜかできてしまうシミですが、一体どんなメカニズムで形成されているのでしょうか。今回は、シミができるまでの過程や、時間についてご紹介いたします。


紫外線だけじゃない!? シミができる原因とは?

シミができるまでの過程や時間などを学ぶ前に、まずはシミの原因について簡単におさらいしていきましょう。

・紫外線
紫外線を浴びるとメラノサイトが刺激され、紫外線ダメージから細胞を守ろうと肌の内側ではメラニン色素が生成されます。メラニン色素は細胞を守るためにも必要なものですが、あまりに多く作られたり、蓄積されてしまうと色素沈着を起こし、シミとして肌に出現してしまいます。少しの紫外線によってできたメラニン色素であれば、肌の生まれ変わりのターンオーバーによって排出されていきますが、ターンオーバーのサイクルが乱れたり、メラニン色素が大量になると肌に残ってしまうのです。

・活性酸素の発生
紫外線やストレス、飲酒、喫煙、便秘、運動不足、食品添加物の摂取、激しすぎる運動、睡眠不足など、生活習慣や食生活に乱れがあると、体内では活性酸素が生成されます。
活性酸素も体を守るために必要なものですが、あまりに大量に作られてしまうとメラノサイトを刺激するホルモンが分泌されて、メラニン色素が生成されます。先述もしている通り、メラニン色素ができるとシミにつながるため注意が必要です。

・炎症
紫外線による日焼けをはじめ、虫刺されやニキビ、やけど、摩擦、刺激の強い化粧品の使用、かぶれ、湿疹、女性ホルモンの乱れなどは肌の炎症につながるもの。
肌に炎症が起こると、そのダメージを修復しようという働きが大きくなりますが、そのときにメラノサイトまでもが活性化し、メラニン色素も作られてしまいます。メラニン色素が生成されて色素沈着が起こるとシミになってしまうのです。

シミができるまでの過程・時間をもっと詳しく知りたい!

まずは、シミができるまでの過程ですが、肌に紫外線や摩擦などの刺激誘引物質が働きかけると、メラノサイトを活性化させる因子のプラスミンやプロスタグランジンが生成されます。すると、メラノサイトの中に存在するチロシンが変化し、ドーパキノンという化合物になってメラニン色素が生成されるのです。チロシンがドーパキノンに変化する際には、チロシナーゼというメラニン生成酵素が作用しますが、この働きが大きくなるとメラニン色素の量が増加するという特徴があります。
これらの一連の過程はメラノサイトの中で行われていましたが、メラニン色素が生成されると表皮細胞のケラチノサイトへと渡ります。そして、メラニン色素が表皮細胞に蓄積していくと色素沈着を起こし、肌の表面にシミができ上がるのです。

また、肌に紫外線などの刺激を受けてから、どのくらいの時間でシミができるのかという問題ですが、これは個人差によって異なり、生活習慣や体質、年齢によっても差が出るため一概に言い表すことはできません。もちろん、浴びた紫外線量や刺激によってもシミができるまでの時間が異なります。
先程シミの原因を説明した通り、シミはさまざまな原因が重なり合ってできるもの。シミを防ぐためには、シミができるまでの過程に丁寧なケアを行うことが大切ですが、それ以前に紫外線予防をしたり、活性酸素や炎症を起こさないように心掛けることが重要になります。


シミを防ぐための対策方法とは?

女性にとっての大敵であるシミを防ぐためには、念入りな紫外線対策やスキンケアを行うのがポイントになります。とくに夏場は紫外線量が多く、たとえ数分でも紫外線を浴びると肌のダメージにつながってしまうため、日焼け止めやUVカットの洋服などで紫外線をブロックしましょう。長時間の外出時だけでなく、昼間に洗濯物を干すときや、近場のコンビニへの買い物のときなども欠かさずに紫外線対策を取り入れることが大切です。
また、シミの原因となる活性酸素を抑制するために、「ビタミンC」を使ったケアを行うのもおすすめです。野菜やフルーツなどの食材から摂取することはもちろん、ビタミンC誘導剤入りの化粧品を使うなど、体の外側と内側の両方からアプローチしていきましょう。

シミができるまでの過程や時間についてのことが分かると、やはり日頃からのケアが重要だということが理解できます。これ以上シミの悩みを増やさないためにも、しっかりとシミ対策を行っていきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談