妊娠中はシミができやすい!?妊娠性肝斑の原因と対策方法。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

妊娠中は
シミができやすい!?
妊娠性肝斑の原因と
対策方法

妊娠中は体内のバランスに変化が起こるため、体や肌にさまざまな変化が現れます。
中でも、「妊娠してからシミができやすくなった……」と悩む妊婦さんは少なくありません。
女性にとって、いきなり出現するシミは大きな悩みにつながるもの。スキンケアをしてもなかなか消えないシミを見ては、ストレスを感じてしまいますよね。
妊娠中のときに大きなストレスを感じることは、できることなら避けたいものです。悩みのシミを改善して、ストレスもスッキリ解消するためにも、妊娠中のシミの原因や対策法を学びましょう。


妊娠中にシミができやすくなる原因とは?

妊娠中にシミができやすくなる原因には、女性ホルモンの分泌の変化が大きく関わっています。すでにご存知の方も多いかもしれませんが、女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つが存在します。
そして妊娠中のシミを作りやすくするのは、後者のプロゲステロンです。このプロゲステロンは、赤ちゃんの成長に欠かせない大切なホルモン。
しかし、プロゲステロンにはメラノサイトを刺激し、シミのもととなるメラニン色素を増やす働きもあります。そのため、妊娠中はシミができやすくなってしまうのです。


妊娠中のシミは消える? 消えない?

妊娠中にできるシミは「妊娠性肝斑」と呼ばれ、一般的なシミより消えやすいと言われています。妊娠期間を経て無事出産し、ホルモンバランスが元に戻ることで、シミも薄くなっていくことが一般的です。
しかし、だからといって妊娠中のシミ対策を怠っていると、産後に大量のメラニン色素が残ってしまうことも……。このような状態になるといつまで経ってもシミが消えず、ママになってからも悩みの種になってしまいます。
妊娠性肝斑を増やさず、残さないようにするためにはどのような対策が必要なのか、さらに詳しく見ていきましょう。


妊娠中のシミを増やさない・定着させない対策方法

・紫外線対策をする
妊娠中に紫外線を浴びていると、メラニン色素がどんどん増えて妊娠性肝斑が濃くなってしまいます。産後にシミが残る原因にもなるため、以下のような方法で紫外線をブロックしましょう。

・日焼け止めを毎日塗って、こまめに塗り直す
・日傘や帽子を使用する
・UVカット効果のある長袖や長ズボンを着用する
・サングラスを着用する
・紫外線が強い時間帯(午前10時~午後2時)は外出を控える
・日陰を利用する

妊娠中に増えるプロゲステロンは、肌を敏感にする作用もあります。
そのため日焼け止めの種類には、いつも以上に注意が必要です。日焼け止めのUVカット成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
前者の紫外線吸収剤はUVカット効果が高いという特徴がありますが、紫外線を吸収するため肌に刺激を与える可能性もあるもの。妊娠中の肌を守るためには、紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めがおすすめです。
紫外線散乱剤のみの日焼け止めはUVカット効果がやや低くなりますが、こまめに塗り直せば、十分な効果が期待できます。

・ビタミンCを積極的にとる
ビタミンCには、メラニン色素の生成を予防するだけでなく、すでにできてしまったシミを薄くする効果も期待できます。ビタミンCは果物や野菜に多く含まれているため、積極的にとるようにしましょう。妊娠時のビタミンC摂取目安量は110mgといわれているため、この量を目安にすることが大切です。
ただし、ビタミンCが豊富な果物や野菜の中には、紫外線に対する感受性を高める「ソラレン」が含まれているものもあるため注意が必要。
ソラレンが多い食品を朝や昼に食べると、かえって紫外線が吸収され、シミができやすくなってしまうのです。ソラレンが多いレモンやみかん、キウイ、セロリなどは、紫外線を浴びない夕食後に食べることをおすすめします。
朝にビタミンCを補給したい場合は、ソラレンが少ないいちごやキャベツをいただきましょう。

・肌をこすらない
先ほどもお伝えしましたが、妊娠時はプロゲステロンの影響で肌が敏感になっています。 そのため、妊娠中に肌を強くこすると、その刺激によってメラニン色素が増えてしまうことがあります。
もちろん妊娠中以外のときでも、肌の刺激はメラニン色素増加の原因になりますが、妊娠中はとくに敏感になっているため、いつも以上に肌をこすらず、優しいケアを心掛けることが大切です。毎日のスキンケア時は、以下のことに気をつけて優しいケアを行いましょう。

・クレンジング料を多めに使う
・洗顔料をしっかり泡立てて、泡で顔を洗う
・柔らかい綿やシルクのフェイスタオルを使用する
・化粧品はハンドプレスで優しく馴染ませる

・低刺激な基礎化粧品を使用する
肌の透明感を高めてくれる基礎化粧品を使うことで、シミの予防や改善につながります。
妊娠中の敏感な肌にも安心して使用できる、低刺激・アルコールフリーの基礎化粧品を選びましょう。以下の成分は、肌の透明感アップを促してくれるものたち。基礎化粧品を選ぶときには、成分にもしっかりと着目してください。

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタ
・コウジ酸
・トラネキサム酸
・リノール酸

 

ママになっても1人の女性としての美しさをキープするためには、妊娠中のスキンケアやシミ対策が重要なカギを握っています。 透明感の高い肌を目指して、妊娠中も丁寧なスキンケアを心掛けましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休