「リンパマッサージ」のメリットとやり方。脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

「鉄分不足」で
シミができる!?
その理由と摂取のポイント

鉄分が不足すると身体にはさまざまな影響が現れますが、その影響の1つにはシミの発生も含まれています。
実はシミを予防するためには、肌表面のケアだけでなく鉄分の補給も必要だったのです。
では、なぜ鉄分不足でシミができるのか、対策方法とあわせて詳しくチェックしてみましょう。


鉄分不足でシミができる理由3つ

1. 肌のターンオーバーが乱れるため
鉄分は体内の酸素を運ぶヘモグロビンの主成分です。その鉄分が不足すると、ヘモグロビンが十分に作られなくなり、身体が酸欠状態になります。すると、肌の新しい細胞が作られにくくなり肌のターンオーバーが乱れてしまうようになります。
ターンオーバーが乱れることでメラニン色素が蓄積し、結果的にシミを作り出してしまうのです。

2. シミを予防する酵素には鉄分が必要なため
シミの発生を防ぐためには、紫外線などの影響で増える活性酸素を抑える必要があります。
そこで活躍してくれるのが、カタラーゼと呼ばれる酵素です。
カタラーゼには活性酸素を除去する作用があるため、シミなどの肌トラブル予防に役立ってくれます。
しかしこのカタラーゼは、鉄分が不足していると十分に生成できません。
つまり鉄分不足になるとシミを予防する酵素が減り、シミができやすくなってしまうのです。

3. コラーゲンの生成に影響をおよぼすため
コラーゲンというと肌の弾力やうるおいを保持するもの、というイメージがありますが、実はシミの予防にも必要な存在です。
コラーゲンが減少すると表皮の一番奥にある基底層の働きが低下し、ターンオーバーが乱れてしまうのです。

そしてこのコラーゲンが生成される時には、鉄分が必要なことが明らかになっています。
そのため、鉄分が不足すればコラーゲンの生成が上手くいかなくなり、ターンオーバーの乱れによってシミを発生させてしまう、というわけです。


女性が鉄分不足&シミができやすい理由2つ

シミ対策には鉄分が欠かせませんが、女性は男性に比べると鉄分不足になりやすいといわれています。
その理由もチェックしておきましょう。

月経による影響
女性が鉄分不足になりやすい1番の原因は、月経による血液の排出です。
血液には多くの鉄分が含まれていますから、月経で排出した分、鉄分を失うことになります。
なお、1回の月経で損失する鉄分は約20~30mgだといわれています。
成人女性に必要な鉄分量は1日あたり12mgのため、かなり多いことがお分かりいただけるでしょう。

ダイエットや偏食
ダイエットや偏食も、鉄分不足になる原因です。
その影響で、最近では若い女性の2人に1人が鉄分不足に陥っているといわれています。
特に肉や魚をあまり食べていない人は、鉄分不足になるリスクも高いようです。


STEP10. 首筋・鎖骨をさする
最後に、手のひらで首筋を念入りになで下ろし、鎖骨周りをほぐして完了です。


鉄分不足を解消しシミ対策につなげる「鉄分の摂取ポイント5つ」

① ヘム鉄を摂取する
鉄分には、肉や魚などの動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜や大豆などの植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」があります。
ヘム鉄はタンパク質にくるまれているため、そのまま体内に取り込まれます。
対して非ヘム鉄は体内で一度変化してから取り込まれるため、吸収率が低くなるのです。
そのため鉄分不足解消やシミ予防には、吸収率の高いヘム鉄を意識して摂ることをおすすめします。

~ヘム鉄を多く含む食べ物~
豚レバー、鶏レバー、イワシ、煮干し、かつお、馬肉、牛もも肉など

~非ヘム鉄を多く含む食べ物~
小松菜、ほうれん草、ひじき、大豆製品、プルーンなど

② さまざまな食品から摂る
いくらヘム鉄のほうが吸収率は高いとはいえ、動物性食品ばかりを食べていると栄養バランスが偏ってしまいます。
肌や身体の健康を保つためには、動物性と植物性の両方をバランス良く食べることが大切です。

③ ビタミンCと一緒に摂る
非ヘム鉄は、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がることが分かっています。
そのため、上でご紹介した非ヘム鉄の多い食べ物には、ビタミンCを多く含む野菜や果物などを添えて食べるようにしましょう。

④ 吸収を阻害するものを控える
コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるタンニンは、非ヘム鉄の吸収を阻害してしまいます。
また、玄米などに含まれるフィチン酸、おからなどに含まれる不溶性食物繊維も、鉄分の吸収を妨げます。
鉄分不足を解消したい時は、これらの阻害因子を摂りすぎないように気をつけましょう。

⑤ サプリメントは過剰摂取に注意を
食品から上手く補給できない時は、サプリメントに頼るのも一つの手です。
しかし鉄分を過剰摂取すると、鉄分が体内に蓄積され、かえって皮膚の色素沈着などを招いてしまいます。
また、内臓や血管にダメージを与えてしまうことも。
食品から過剰摂取になることはほとんどありませんが、サプリメントの場合はその危険性があるので、必ず用量を守って飲みましょう。


シミの予防というと、どうしてもビタミンCの摂取や美白ケアばかりに目がいってしまいがちです。
しかしこれからは鉄分も十分に補って、シミに悩まされない健康的な肌を作り出していきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休