ママになってから大慌て!?産後にシミが増える理由とは?脱毛・美容医療のフェミークリニック

シミコラム

ママになってから大慌て!?
産後にシミが
増える理由とは?

出産を機にシミが増えた、シミが濃くなったとお悩みではありませんか?
念願のママになったと同時にシミが増えるなんて、いつまでも美しくありたい女性にとっては大問題です。
ではなぜ産後にシミが増えてしまうのか、対策方法とあわせて詳しく探ってみましょう。


産後にシミが増える理由とは

≪産後はエストロゲンが一気に減るため≫

産後のシミには、妊娠や出産によって変化するホルモンバランスが関係しています。
すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

前者のエストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、肌の水分量を高めることで肌のハリやバリア機能を保つ働きがあります。
しかし産後は、このエストロゲンの分泌が一気に減少します。
そのために肌のバリア機能が低下し、紫外線などの刺激によってシミができやすくなるのです。

≪妊娠中に増えたプロゲステロンの影響≫

実はシミは、妊娠中からできやすい状態になっています。
その理由には、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンが深く関わっています。

そもそも妊娠中は、エストロゲンと共にプロゲステロンの分泌量も増加しています。
しかしプロゲステロンにはメラニンを作り出すメラノサイトを活性化する働きがあるため、妊娠中にもシミが増えやすいのです。

産後はプロゲステロンの分泌量もエストロゲンと同じように一気に減少しますが、妊娠前のホルモンバランスに戻るまでには半年から1年かかります。
そのため、産後もシミができやすい状態が続いてしまうのです。


産後に増えるシミの種類

産後に増えるシミは、大きく分けて2つに分類できます。
原因や特徴、改善方法がそれぞれ違うので、どちらに当てはまるのかチェックしてみましょう。

≪妊娠性肝斑≫

妊娠性肝斑は、妊娠によるホルモンバランスの変化が直接的原因になっています。
たとえ紫外線を浴びていなくても、メラニンを増やす作用のあるプロゲステロンの影響でシミができてしまうのです。

なお、妊娠性肝斑は輪郭がぼやけていて、左右対称にできる傾向があります。
ぼやっと現れるため、肌のくすみのように見えることも多いようです。

≪老人性色素斑≫

老人性色素斑はシミの代表格とも呼べる症状で、紫外線が原因で発生します。
妊娠中や産後に紫外線対策を怠っていると、プロゲステロンの影響でいつもより大量にメラニンが生成され、濃いシミができてしまうのです。
なお、老人性色素斑は輪郭がハッキリしていて、紫外線が当たりやすいところにできます。


産後シミの対策方法

≪まずは紫外線対策が最優先≫

妊娠性肝斑は紫外線が原因ではないとはいえ、紫外線を無防備に浴びているとメラニンが多く生成され、さらに濃くなってしまいます。
そして老人性色素斑は上でもお伝えした通り、紫外線が直接的原因になります。

産後のシミを作らないためには妊娠中から徹底した紫外線対策が必要です。
日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子、ストールや衣類などで紫外線をシャットアウトしましょう。

ただし産後の肌はバリア機能が衰えているため、とてもデリケートです。
刺激の強い日焼け止めを塗るとかえって肌荒れを招いてしまうので、敏感肌用の低刺激な日焼け止めを使うようにしましょう。

≪肝斑にはトラネキサム酸の内服薬を≫

妊娠性肝斑は産後、ホルモンバランスが元に戻ると同時に徐々に薄くなっていきます。
しかし産後1年ほど経っても肝斑が消えない場合は、トラネキサム酸の内服薬での治療が有効になります。
トラネキサム酸は体内から色素沈着を抑制する作用があるため、肝斑を改善する効果が期待できるのです。

しかし内服薬ですから、安易に飲むことはおすすめできません。
必ず病院で診察を受け、医師のもとで服用するようにしましょう。

肝斑の種類によっては、レーザーによる治療を行うこともできます。その場合は、半年ほどかかっていた治療も短期間で済むでしょう。

≪老人性色素斑には美白ケアを≫

一般的なシミである老人性色素斑は、美白化粧品によるケアを行うことで、濃くなるのを防ぐことができます。
ビタミンC誘導体、m-トラネキサム酸、カモミラET、天草エキスなど、低刺激な美白有効成分が入った化粧品で、優しくケアしてあげましょう。

なお、産後の肌はエストロゲンが減っている影響で乾燥しやすくなっています。
そのため、基礎化粧品は保湿効果が高いものを使い、そこに美白美容液をプラスすることをおすすめします。

≪ビタミンA・C・Eを摂取する≫

産後シミを増やさないためには、食事でのインナーケアを意識することも大切です。
特に肌のターンオーバーを促すビタミンA、メラニンの生成を防ぐビタミンC、血行を改善するビタミンEは、シミの予防や改善に効果的です。
以下のような食べ物に多く含まれていますから、積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンA…レバー、うなぎ、にんじんなど
ビタミンC…パプリカ、芽キャベツ、いちご、柿など
ビタミンE…たらこ、うなぎ、かぼちゃ、ナッツ類など

産後は赤ちゃんのお世話で何かと忙しいもの。
しかし綺麗なママであり続けるために、こまめな紫外線対策やインナーケアでシミの予防・改善を図っていきましょう。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休