これで差が出る!シミのレーザー治療後に必要な「アフターケア」。脱毛・美容医療のフェミークリニック


TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談
シミコラム

これで差が出る!
シミのレーザー治療後に
必要な「アフターケア」

シミの改善にはレーザー治療が効果的ですが、治療を受けた後は十分なアフターケアをすることが大切です。
アフターケアを怠っていると、かえって肌トラブルを招いてしまうこともあるのです。
レーザー治療後は具体的にどのようなケアをするべきなのか、注意点とあわせてチェックしてみましょう。


レーザー治療後のアフターケア方法&注意点

≪肌に刺激を与えない≫
レーザー治療後にもっとも重要なことは、肌に刺激を与えないことです。
レーザーを照射した肌はバリア機能が低下しているため、いつもより敏感な状態になっています。
そんなときに肌に刺激を与えると、メラニンを作るメラノサイトが活性化し、かえって新たなシミができる恐れがあるのです。

そのため、患部をこすったりひっかいたりするのは絶対に禁物です。
治療してすぐは絆創膏やガーゼで患部を覆っておきますが、交換する際にも刺激が加わらないようにゆっくり外しましょう。

≪かさぶたを無理に剥がさない≫
レーザー治療をおこなってから3~5日経つと、シミがかさぶたになります。このかさぶたは、無理に剥がさないようにしましょう。
無理矢理剥がすと患部に大きな刺激が加わり、炎症が起きたり新たなシミが発生したりしてしまいます。

かさぶたは目立つので気になるかもしれませんが、自然に剥がれ落ちるのを待つことが大切です。どうしても人目が気になるようなら、マスクやカーゼで覆って隠しましょう。

≪保湿ケアをする≫
レーザー治療後1~2週間で、かさぶたが自然に剥がれてピンク色の肌が現れます。
この肌は非常に薄く、バリア機能もまだ十分に備わっていません。
そのままにしていると乾燥してかゆみが現れることもあるので、しっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

このときの保湿ケアには敏感肌用など、低刺激の基礎化粧品を使うことがポイントです。
さらにスキンケアの最後にはワセリンや美容オイルなどで保護膜を作ると、外部刺激から肌をしっかりと守ることができます。

≪日焼け止めを塗る≫
上でもお伝えした通り、レーザー治療後は肌のバリア機能が低下しています。
その状態で紫外線を浴びると、ダメージを過剰に受けてかえってシミができる危険性があります。

そのためレーザー治療後こそ、十分な紫外線対策が必要です。
外に出るときはもちろんのこと、室内でも窓から入る日光を浴びる恐れがあるので、日中はできるだけ日焼け止めを塗って過ごしましょう。

ちなみに日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
紫外線吸収剤は比較的肌への刺激が強いため、紫外線散乱剤による日焼け止めをおすすめします。

また、日焼け止めに表記されてあるSPFやPAの数値もチェックしましょう。
高い数値のものは肌に負担をかけますから、日常的に使うならSPF30以下の日焼け止めで十分です。

≪睡眠をしっかりとる≫
睡眠不足になると肌のターンオーバーが乱れて、レーザー治療を受けた部分の修復が遅れてしまいます。もちろん患部以外の肌質も悪くなってしまいますから、透明感のある肌を保つために、夜は早めに寝るようにしましょう。

ただし睡眠の質が低下していると、睡眠不足と同じようなコンディションになってしまいます。肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させるためには、就寝してから3時間、深く眠ることが大切だといわれています。
夜遅い食事や飲酒、寝る直前のPCやスマホは避けて、リラックスした状態で眠れるようにしてください。

≪バランスの良い食事をする≫
肌を健康に保つためには、バランスの良い食事が欠かせません。
ビタミン類の多い野菜をたっぷり摂るのはもちろんのこと、肌の土台となるタンパク質を肉や魚、大豆製品からしっかり摂るようにしましょう。

また、新たなシミを防ぐためには食事から抗酸化成分を摂ることも重要です。
ビタミンC、ビタミンE、リコピン、アスタキサンチン、エラグ酸などを意識して摂るようにしてください。

≪喫煙・飲酒を控える≫
タバコを吸うと大量のビタミンCが消費され、過度の飲酒をすると肝臓機能の低下を招いて肌の代謝に支障をきたします。
そのためレーザー治療後は、できるだけ喫煙・飲酒を控えたほうが◎
お酒を飲むと炎症がひどくなる恐れもありますから、ダウンタイムは特に控えるようにしましょう。

以上、シミのレーザー治療後のアフターケア方法についてご紹介しました。
レーザー治療後は、肌がいつも以上にデリケートになっています。
余計な刺激から肌を守り、優しく適切なスキンケア&インナーケアで、肌の修復に努めてください。

シミコラム メニュー


















PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【診療時間】
11:00~20:00
※年末年始を除き無休

メールでのご相談

無料メール相談