老人性色素斑 - シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白のご案内(東京、渋谷・新宿・池袋・銀座、梅田)

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
- +
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白治療

老人性色素斑 - シミの種類

①老人性色素斑

最も一般的で、誰にでも出来やすいのがこの老人性色素斑です。
30代~40代あたりから目立ち始めるのが一般的ですが、早い人では10代から出始めます。原因は主に紫外線と加齢だと言われており、別名日光黒子とも呼ばれます。
形は大小さまざまで、茶褐色をしており、境界線も明瞭です。また加齢と共に、増えたり、色が濃くなることが多く、脂漏性角化症に発展することもあるので、早めの治療をお勧めします。

老人性色素斑

日光の当たる部分や顔の側面にできやすいですが、どの部位にも発生する可能性はあります。
シミの発生自体は自然な老化現象のひとつではありますが、近年はレーザーでの治療が一般的になり、1~数回の治療で改善する為、気軽に行えるようになってまいりました。

老人性色素斑

原因

紫外線を浴びることが原因。
紫外線で傷ついた表皮細胞がメラノサイトを活性化し続けメラニンが蓄積されます。メラニンが増えすぎて、ターンオーバーによる排出が追いつかないのが原因です。

悪化すると…

数が増え、大きさが増し、色調が濃くなることが多い。
進行すると脂漏性角化症になるともいわれております。

シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白 メニュー

診療科目 TOP
永久脱毛(医療レーザー脱毛)
- +
ニキビ治療・ニキビ跡治療
- +
シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白
- +
しわ・たるみ・毛穴・くま
- +
メディカルダイエット・小顔
- +
ワキガ・多汗症治療
ホクロ・ピアス・注射・点滴 他
- +

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談