TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談

シミの種類

あなたのシミの種類は? 6つのシミの特徴と原因

一口に「顔にできるシミ」と言っても、様々な種類があり、それぞれ特徴や原因が異なります。ここでは、「シミ」と一括りにして呼ばれることの多い、代表的な6つの症状について解説いたします。

併せて、美容皮膚科フェミークリニックで行っている治療法についてもご紹介いたしますので、シミ治療をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

老人性色素斑

老人性色素斑

一般的に「シミ」と呼ばれるものの内、最も多いと言われているのが、この老人性色素斑です。“老人”という言葉が含まれていますが、高齢者だけにできるものではありません。

多くは30〜40代あたりから目立ち始めますが、早い人だと10代から発症することもあります。形は大小様々で、境界線がはっきりした茶褐色の色素斑です。

日光に当たりやすい顔や手の甲、腕などに多く見られます。加齢とともに数が増えたり、色が濃くなったりすることも多く、脂漏性角化症に発展するケースも珍しくないため、早めの対策が必要です。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の主な原因は、紫外線です。
紫外線を浴びると、皮膚の中にあるメラノサイトという肌細胞が活性化して、メラニンを大量に作り出します。メラニンの生産量が増えすぎてターンオーバーによる排出が追いつかず、表皮内に溜まったものが、老人性色素斑の正体です。

老人性色素斑におすすめの治療法

  • レーザートーニング
    最新式のレーザーでシミを除去します。ダウンタイムはほとんどありません。
  • フォトRF(SR)
    光と高周波の2つの作用で、シミ・そばかすを解消します。
  • シミ取りレーザー
    お一人おひとりの症状に合わせてレーザーの照射を調整し、的確にシミを除去します。

そばかす

そばかす

そばかすは、比較的大きさがそろった1〜4mmほどの小さな斑点です。
目の下や鼻根(鼻の付け根)・頬の周りなどに、左右対称にできることが多いです。手や背中に発生することもあります。

幼少期から思春期にかけて生じることがほとんどで、男性よりも女性にできやすいと言われています。
雀(すずめ)の卵の模様に似ていることから、雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。

そばかすの原因

主に幼少期から発症することから、遺伝的な要因が大きいというのが通説です。
しかし、年齢とともに少しずつ濃くなっていくそばかすについては、紫外線の影響が大きいと考えられています。

そばかすにおすすめの治療法

  • レーザートーニング
    最新式のレーザーでそばかすを除去します。ダウンタイムはほとんどありません。
  • フォトRF(SR)
    光と高周波の2つの作用で、シミ・そばかすを解消します。
  • シミ取りレーザー
    お一人おひとりの症状に合わせてレーザーの照射を調整し、的確にそばかすを除去します。

肝斑(かんぱん)

肝斑

肝斑とは、頬骨のあたりにできるシミで、左右対称に広がるのが特徴です。

30〜40代の女性に発症しやすく、やや赤みを帯びた黄褐色をしています。閉経後しばらく経つと薄くなる場合が多く、60歳以降になってから発症することは、ほとんどありません。

白人よりも黄色人種に多いと言われています。

肝斑の原因

明確な原因は解明されておりませんが、妊娠中の人やピルを服用している人が悪化しやすいことから、女性ホルモンが深く関わっていると考えられています。

また、紫外線や摩擦といった刺激はメラニン色素の増加を招くため、肝斑の直接的な原因ではないものの、悪化させる要因ではあると言われています。

肝斑におすすめの治療法

  • レーザートーニング
    従来のレーザーの弱点を克服した最新機種「メドライトC6」による、ワンランク上の肝斑治療です。より短期間で、傷跡をほとんど残さずに肝斑を改善します。
  • アクシダーム
    アクシダームの浸透力は、イオン導入の数十倍。美白成分を肌の奥深くまで導入し、透明感のある肌へと導きます。
  • ケミカルピーリング
    古い角質を除去して肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの排出を促します。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)とは、頬の両側や頬骨部にいくつかまとまって出現する、茶褐色、灰色、青色の斑点です。
実はシミではなく、後天性のアザの一種に分類されます。

通常のシミとは違って、真皮層にメラニンが溜まって色が濃く見えています。メラニンの深さによって、茶褐色→灰色→青色へと変色していきます。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の原因

はっきりとした原因は解明されておりませんが、遺伝や紫外線が深く関係していると言われています。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)におすすめの治療法

  • シミ取りレーザー
    色素に反応するレーザーを照射し、他の皮膚組織を傷つけずにADMを除去します。

色素沈着

炎症後色素沈着

肌の色が濃くなる「色素沈着」にはいくつかの種類がありますが、よくあるのが「炎症後色素沈着」です。
火傷・ニキビ・虫刺され・かぶれ・アトピー・切り傷など、様々な原因によって皮膚に炎症が起きた後にできます。

炎症後色素沈着の発症に、年齢は関係ありません。
通常は半年以内に自然消失しますが、ターンオーバーの乱れや紫外線の影響により、長期間そのまま残ることもあります。

炎症後色素沈着の原因

火傷・ニキビ・虫刺され・かぶれ・アトピー・切り傷などによる、皮膚へのダメージが原因です。
肌に炎症が起こると、そのダメージから皮膚細胞を守るために、大量のメラニンが生成されます。ターンオーバーの乱れなどによって、本来角質とともに排出されるべきメラニンが、そのまま皮膚に蓄積していってしまうと、色素沈着になります。

炎症後色素沈着におすすめの治療法

  • レーザートーニング
    最新式のレーザーで色素沈着を除去します。ダウンタイムはほとんどありません。
  • アクシダーム
    アクシダームの浸透力は、イオン導入の数十倍。美白成分を肌の奥深くまで導入し、透明感のある肌へと導きます。
  • ケミカルピーリング
    肌のターンオーバーを正常化してメラニンの排出を促し、色素沈着を改善します。

脂漏性角化症

脂漏性角化症の特徴

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは、いわゆる老人性の「いぼ」で、30代以上の男女に出現する良性の腫瘍です。

若干の膨らみを持ち、わずかに盛り上がったものから、突出したしこり状のものまで様々です。黒っぽく表面がガサガサしています。
手のひら・足の裏以外の皮膚であれば、どこにでも出現します。
また、老人性色素斑が進行すると脂漏性角化症になるとも言われています。

脂漏性角化症の原因

加齢による肌の老化現象によって、角質の構造が異常をきたし、肌表面に出現することが主な原因です。
紫外線が原因の老人性色素斑の進行によっても発症すると言われています。

脂漏性角化症におすすめの治療法

  • CO2レーザー
    水分に反応するレーザーを照射し、他の皮膚組織を傷つけることなく、脂漏性角化症のみを除去します。

シミができるメカニズム

基本的には紫外線が原因でシミができる

シミができるメカニズム

紫外線や炎症、摩擦といった刺激を肌が受けると、活性酸素が発生します。すると、メラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンを大量に作り出し、活性酸素から肌細胞を守ろうとするのです。
たとえば、私たちは傘をさすことで雨風をしのぎますが、それと同じように肌自身も黒いパラソル(=メラニン)で皮膚を覆うことで、刺激から身を守ろうとします。

基本的には、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われていれば、メラニン色素は角質に変化し、アカとともに自然に排出されます。しかし、何らかの理由でターンオーバーが乱れると、メラニン色素の生産量に対して排出量が追い付かなくなり、色素が沈着してシミとなるのです。

そばかす・肝斑には特有の原因も

メラニンの生成を活発化させる「紫外線」の他にも、シミを引き起こす原因があります。それが、そばかすの原因である「遺伝」と、肝斑の原因である「女性ホルモンの乱れ」です。

ここで注意が必要なのが、そばかすも肝斑も【紫外線によって悪化する恐れがある】ということです。また、そばかすや肝斑に加えて、紫外線によるシミが併発する場合もあります。

「紫外線対策に気をつけていても、シミはできることがある」
「シミの予防や、悪化を防ぐためには、紫外線対策が必須である」
この2点を覚えておくと良いでしょう。

シミの再発防止策

普段の生活習慣の中で、いくつかの点に気をつけるだけでも、シミの再発防止が期待できます。
もしまだ実践していないものがあれば、できることから少しずつ、取り組んでくださいね。

紫外線対策

紫外線対策でシミ予防

紫外線は、シミの大敵。肌のバリア機能を低下させる、色素沈着の原因であるメラニン色素の生成を促すなど、シミを増やし、悪化させる大きな要因です。

地上に届く紫外線には、UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)の2つの種類があります。
このうち、地上に届く紫外線の95%を占めるUV-Aは、実は一年を通して降り注いでいます。UV-AもUV-Bもシミの原因となるため、日焼け止めを塗る、帽子やサングラスを着用する、日傘を使うなどして、季節を問わず紫外線をブロックすることが大切です。

生活習慣の見直し(食生活・栄養バランス)

バランスのとれた食事でシミ予防

毎日の食生活で、体の内側からもスキンケアができれば、シミの再発防止につながります。

栄養素をまんべんなくとるために、バランスのとれた食事を心がけましょう。
特に、メラニンの生成を抑えて色素沈着を防止するビタミンC、新陳代謝を促進して肌の調子を整えるビタミンB2、血行を促進してメラニンの排出を活発にするビタミンEは、積極的に取り入れたい栄養素です。
反対に、肌老化を招く脂っこいものや甘いものはなるべく避けましょう。

また、十分な睡眠、適度な運動、ストレス発散なども美肌作りには不可欠です。

正しいスキンケア

肌の保湿でシミ予防

シミの再発防止のために気をつけたいのが、毎日のスキンケアです。
肌が乾燥しているとバリア機能が低下して、紫外線の刺激を受けやすくなります。

化粧水や乳液、美容液などでしっかりと保湿して、潤いのある肌をキープしましょう。美白効果のあるビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどが配合された化粧品がおすすめです。

また、洗顔時に肌をゴシゴシこすってしまうと、その摩擦が炎症を引き起こして、シミにつながる恐れがあります。自分の肌質に合った洗顔料を使用し、よく泡立てた泡を転がすようにして、こすらずやさしく洗いましょう。

シミ治療メニュー


PAGE
TOP

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談