肝斑 - シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白のご案内(東京、渋谷・新宿・池袋・銀座、梅田)

シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白治療

肝斑 - シミの種類

③肝斑

目の下を除いた頬の高い位置に左右対称にできるシミで、地図のような形をしています。30代~40代くらいに発症しやすく、やや赤みを帯びた黄褐色をしています。

白人よりも黄色人種に多いと言われています。広範囲にわたりやすく、化粧で隠すのも一苦労で、女性にとっては深い悩みでもあります。

セルフケアでも改善が見られない場合は一度肝斑を疑ってみてください。 また、肝斑は、一般的な美白ケアや紫外線対策では予防も改善もできないやっかいなシミでもあります。

肝斑の原因は女性ホルモンが深く関係していると言われています。妊娠やホルモンバランスの乱れ、更年期、婦人科の病気にかかったとき、経口避妊薬(ピル)の使用によって誘発されたり悪化することからも、ホルモンとの関係が深く関わっている事がわかります。またストレスも原因の一つといわれており、適度な気分転換や十分な睡眠を心がけて悪化を防ぐことも大切です。過度の摩擦によっても悪化するので日ごろのスキンケアが、あだとなって逆に肝斑を目立たせてしまうこともあります。
通常の老人性色素斑に有効なレーザー治療は、肝斑には逆効果ですので、治療の際には専門医の適切な診断が必要です。エステなどのスキンケアや、通常のシミ用レーザー治療を受けて悪化したと言う方もいらっしゃることから、まずは専門の医師のもと、的確な診察を受け、正しい治療を受けることが改善への第一歩です。

原因

現状では明確な原因は解明されておりませんが、下記が原因ではないかと言われております。

  • 男性に出にくいことからも女性ホルモンが原因とも言われています。
  • 洗顔や顔を拭く、化粧品をつけるといった動作でこするなどの摩擦行為が刺激となり炎症が起きてメラニンが増える。
  • 紫外線を浴びることによるメラニン増加
悪化すると…

色調が濃くなり、範囲が広がることもある。

シミ・肝斑・そばかす・くすみ・美白 メニュー

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

メールでのご相談

無料メール相談